ぎっくり背中とは!?ぎっくり腰によく似た急激な背中の痛みは「ぎっくり背中」だった|原因と対処方法を解説


ぎっくり背中

SHARE

BoDiSIL編集部

背中がまるでぎっくり腰のように急に痛くなり、

  • 「息を吸うのも痛い」
  • 「寝返りが打てない」
  • 「とにかく動けない」

といった経験があれば、それはぎっくり背中かもしれません。

ぎっくり背中の症状は、痛すぎて動けないし、安静にするしかない。と思うかもしれません。

しかし、自分で応急処置を行うことも可能なのです。

この記事では、ぎっくり背中の原因をわかりやすく解説するとともに、自分で簡単にできる応急処置・正しいストレッチの方法をご紹介します。

ぎっくり背中の症状で悩む人は多い


https://twitter.com/teru91445854/status/998044230462275585


ぎっくり背中の原因

「特に運動をしたわけでもないのに、突然背中に引き連れるような痛みが走って動けなくなってしまった……」

「背中が痛くて寝返りができない」

これらはぎっくり腰と同じように、突然動けないほどの痛みがあらわれることから「ぎっくり背中」と呼ばれています。

では、「ぎっくり背中」の具体的な原因とは何なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

背中の筋肉の肉離れ

背中の肉離れ

ぎっくり背中の正体は、背中の肉離れです。

背中の筋肉や、筋肉を包む筋膜がダメージを受けることで鋭い痛みが表れます。

肉離れは脚や腕だけで起こるものというイメージがありますが、筋肉があるところではどこでも肉離れが起こる可能性があります。

普段姿勢が悪い人は、背骨の関節の動きが鈍くなり、その関節の動きをカバーするために、筋肉に大きな負担が掛かってしまいがちです。

結果として筋肉に無理な力が加わって肉離れが起きることがあるので、普段から良い姿勢をするように意識しましょう。

背中の筋肉の緊張によるけいれん

背中の痛み

長時間同じ姿勢で作業をすることが多い人は、背中の筋肉が緊張しすぎてけいれんすることでぎっくり背中になってしまう場合があります。

長時間同じ姿勢を続けていると筋肉がこわばります。

筋肉のこわばりが続くと、今度はけいれんを誘発し、痛みが出てしまうことがあるのです。

ぎっくり背中の治し方|応急処置とNGポイント

ぎっくり背中になると、あまりの痛みで身動きが取れなくなります。

それでは病院や治療院に行くことはできませんよね?

「ぎっくり背中かも……」と思ったら、まずは次の応急処置を試してみてください。

痛む部分を冷やす

冷やす

急激な痛みは冷やすことで和らぎます。

ぎっくり背中になったら、アイスパックなどで痛む部分を冷やしてみましょう。

アイスパックが無い場合は、冷却シートや湿布でも構いません。

10分程度冷やすだけでも、少し痛みが和らぐはずです。

バスタオルを巻く

バスタオルを巻く

痛みが少し和らいだら、バスタオルを巻いて傷ついた背中の筋肉をサポートしましょう。

バスタオルまたは大きめのタオルを背中側から巻き、胸の前できつく締めてください。

すると、肉離れを起こした背中の筋肉がサポートされるので、少し痛みが和らぐはずです。

息をすると痛いようなぎっくり背中の時に試してみましょう。

無理に姿勢を変えない

楽な姿勢

ぎっくり背中になると、痛みで寝返りが打てなくなります。

それでも無理に寝返りを打とうとすると、かえって症状が悪化してしまうため、安静を心がけましょう。

とにかく楽な姿勢を保ってください。

仰向けが楽な場合は仰向けになり、腰の反り具合もチェックしてみてください。

腰の下に手が入りますか?

もしスムーズに手が差し込めるようなら腰が反っている状態です。

腰や背中に大きな負担が掛かっているので、両膝を立てて腰の反りを軽減してあげましょう。

ぎっくり背中の治し方|効果的なストレッチ

痛みが少し和らいで動けるようになったら、ぎっくり背中に効果的なストレッチを行ってみましょう。

注意
痛みがあるときは絶対に無理をせず、痛みが強くなった場合はすぐに中止して整体治療院などを受診してください。

ぎっくり背中に効果的なストレッチ その1

このストレッチは、座った状態で行うストレッチです。

痛みがあるときは無理をせず、徐々に動かす範囲を広げていってください。

    ぎっくり背中に効果的なストレッチ その1のやり方
  • STEP.1
    イスに座り、ゆっくりと体を左右にひねります。左右どちらが楽かチェックしてください。

  • STEP.2
    ラクに体をひねることができる方からストレッチを行っていきます。ひねる方向と反対の手をひねる方向のひざの外側に当て、ひざを押しながらゆっくりと体をひねります。10秒ぐらいキープしつつ、深呼吸を3回行いましょう。
  • STEP.3
    痛い方をストレッチします。ひねる方向と反対の手をひねる方向のひざの外側に当て、痛くない範囲で体をひねります。3回深呼吸してください。
  • STEP.4
    2と3の動作を無理のない範囲で繰り返しながら、徐々にひねる範囲を広げていってください。

ぎっくり背中に効果的なストレッチ その2

ひねる動作が難しい人は、タオルを使ってストレッチを行ってみましょう。

通常の長さのタオルを1本用意してください。

    ぎっくり背中に効果的なストレッチ その2のやり方(2分18秒~)
  • STEP.1
    イスに座り、半分にの幅に追ったタオルを背中の痛い部分に当て、タオルの端を前に持ってきます。

  • STEP.2
    タオルを引っ張ったまま、吸う息で胸を反らします。
  • STEP.3
    タオルを緩めずに、息を吐きながら背中を丸めてください。
  • STEP.4
    2と3の動作を10回ワンセットとして痛みが気になるときなどに行ってみましょう。

ぎっくり背中に効果的なストレッチ その3

このストレッチは、膝立ちになって行うストレッチです。

胸椎の動きをサポートして、痛みを和らげていきます。

    ぎっくり背中に効果的なストレッチ その3のやり方
  • STEP.1
    膝立ちになります。

  • STEP.2
    右手で左手の手首をつかんでください。
  • STEP.3
    左の方を5cmから10cm程度下げましょう。
  • STEP.4
    右手で左の手を真横に引っ張ります。
  • STEP.5
    もうこれ以上引っ張れない!というところから、ゆっくりと上に引き上げましょう。このとき、腰をひねるのではなく、肋骨を動かすイメージで行ってください。
  • STEP.6
    一番伸びを感じる角度で止め、10秒から20秒間キープしましょう。
  • STEP.7
    反対側も同様に行ってください。

まとめ

誰もが突然なる可能性があるぎっくり背中は、背中の筋肉に無理な力が加わったことによる肉離れが主な原因です。

ぎっくり背中になってしまったら次の3つのことを試してみましょう。

1.安静にする

2.冷やす

3.タオルを使って応急処置をする

以上の方法を試して痛みが和らいで来たら、無理のない範囲でストレッチを行ってみてください。

激しい痛みがあるときは絶対に無理をせず、痛みが引かないときは整形外科または整体院治療院などで専門家の治療を受けることも大切です。

普段から猫背の人は、そうでない人に比べて背中の筋肉に負担が掛かりやすく、ぎっくり背中になりやすいと言われています。

日ごろから良い姿勢を心がけ、ぎっくり背中を予防しましょう。

BoDiSIL編集部