【2018年度版】美肌に効果的な食べ物と飲み物まとめ|美肌の有効成分から考える


美肌

SHARE

BoDiSIL編集部

美肌になるには毎日のスキンケアが大切です。

しかし、最も重要なのは体の中からキレイにしていくことです。

体の中からキレイにすることで肌の悩みを根本的に解決することができます。

しかし、そうはわかっていても、

  • 何を食べたらいいの?
  • 何を飲んだらいいの?
  • 摂ってはいけないものはあるの?

と、きちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

ここでは、腸内環境やダイエットについて日々研究している当サイト編集部より、2018年度の最新版、美肌に効果的な食べ物と飲み物をまとめました。

是非参考にしてみて下さいね。

美肌になりたいけど肌荒れに悩む人のリアルな声


https://twitter.com/devi0730/status/696686547182211072


美肌に効果的な成分とは!?

美肌に効果的な成分

まずは美肌にいいと言われている成分を把握しましょう。

美肌に良い成分はたくさんありますが、ここでは毎日積極的に摂りたい美肌成分をご紹介します。

EGF

EGFとは、肌の表皮細胞の成長を促したり、修復したりしてくれる働きをします。

肌の生まれ変わりを促進して、新陳代謝を高めてくれるので、いらない角質が肌にとどまるのを防いで肌のごわつきやニキビ、吹き出物の肌トラブル解消につながります。

プロテオグリカン

プロテオグリカンは保水機能に優れた成分です。

私たちの肌のコラーゲンやヒアルロン酸の間にあり、潤いやハリのある肌に導いてくれます。

プラセンタ

プラセンタ

プラセンタには多くの美容効果があるので、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

抗炎症作用や活性酸素を除去する働き、新陳代謝がアップするのでコラーゲンの生成促進作用も。

シミやしわ、たるみなどの予防に働きかけてくれます。

スクワラン

スクワランオイル

オイルなどで知られるスクワラン。

スクワランという成分は、もともと人間の肌にもあるもので、肌の潤いを保ってくれる働きをしています。

皮脂膜という、肌を外的刺激から守ってくれます。

年齢を重ねるにつれて生成量が減ってしまうので、意識して補いたい成分ですね。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、保水性に優れた成分で、肌だけではなく、関節や軟骨でも重要な働きをしています。

肌に存在しているヒアルロン酸は、コラーゲンやエラスチンの間を埋める働きをしており、肌の弾力や潤いの保持をしてくれています。

年齢とともに減少してしまう以外にも、紫外線の影響でも減少してしまうので注意が必要です。

セラミド

セラミド

肌表面の角層細胞と角層細胞の間を埋めてくれる働きをしているセラミド。

間を埋めてくれることで乾燥などの外的刺激から肌を守ってくれています。

セラミドも年齢とともに減ってしまい、肌の保水力が弱まってしまうので体内からの栄養やスキンケアコスメで補うことが大切です。

コラーゲンやヒアルロン酸は肌の真皮層というところに存在しますが、セラミドは肌の一番表面の角層部分に存在します。

エアラスチン

エラスチンは、肌内部のコラーゲン同士を結び付けてくれる働きをしています。

肌の弾力や柔軟性を保つ役割をしており、ハリや弾力、しわ、たるみを防ぐためには、コラーゲンやヒアルロン酸に加えて、エラスチンも必須の成分です。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは抗酸化力が高く、肌の老化に大敵な活性酸素に対抗してくれる成分です。

紫外線やストレスなどによって生み出される活性酸素は、シミやくすみ、シワやたるみの原因になります。

活性酸素に対抗してハリと弾力のある肌にしたい時には、お手入れや食事にアスタキサンチンを意識して取り入れたいですね。

コエンザイムQ10

強い抗酸化作用があり、活性酸素の増加を防いでくれるコエンザイムQ10。

肌の生まれ変わりを正常化して、古い角質が肌に残らないようにする働きも持っています。

美白やシミ予防をしたい人は積極的に取り入れたい成分ですね。

また、美容効果だけではなくコエンザイムQ10が体内から不足すると、免疫力が低下したり、疲れやすくなったりします。

たんぱく質

たんぱく質はコラーゲンのもとになるだけではなく、様々な細胞を作る栄養素です。

人間の体は60%が水分、20%がたんぱく質でできており、皮膚を形成する元でもあります。

不足すると新陳代謝が悪くなり、肌を老化させてくすみたるみとなって表れてしまいます。

美肌だけではなく、美ボディつくりにも欠かせない栄養素なので、きちんと摂るようにしたいですね。

ビタミンB2、B6

ビタミンB2とB6は、脂質の代謝を促して皮脂の分泌をおさえてくれるので、ニキビに悩んでいる人にはおすすめです。

逆に、糖分や脂肪分の多いスナック菓子ファストフードなどは皮脂の分泌を増加してしまうので気をつけましょう。

ビタミンC

ビタミンC

強い抗酸化作用のあるビタミンC。

コラーゲンを生成するのにも必須の栄養素なので、肌のはりや弾力をアップさせたいときにはコラーゲンと一緒に摂ることが大切です。

コラーゲン

コラーゲンはたんぱく質の一種です。

肌にはりや弾力をもたせる働きがあるので、美容成分として知られていますね。

積極的に摂ることも大切ですが、コラーゲンを摂取してもビタミンCがないと体内でコラーゲンとして働くことができないので要注意です。

美肌に効果的な食べ物

バランスのいい食事が毎日の基本ですが、仕事や家事、育児が忙しいと自分の食事は適当になってしまいがちですよね。

しかしそんな時でも美肌に良い食べ物を把握していると食事を作るときにも役立ちますし、外食をするときにも便利です。

美肌に良い食べ物を把握して、常に気にしておくといいでしょう。

大豆製品

大豆製品

肌や体の細胞を作るたんぱく質が豊富に含まれているのが大豆製品。

豆腐や納豆、みそなども大豆製品なので、毎日の食卓に必ず上がる、という人も多いかもしれませんね。

大豆製品である納豆には、食物繊維も豊富に含まれているので、腸内環境を整えてくれる働きも。

さらに納豆には亜鉛も含まれているので新陳代謝を活発にしてくれます。

体内からスッキリしたい、という人にもおすすめです。

いちご

いちご

いちごにはビタミンCが豊富に含まれていて、一日7~8粒食べることでその日のビタミンC
の必要量が摂れるほどです。

美肌作りには欠かせないフルーツですね。

緑黄色野菜

緑黄色野菜

緑黄色野菜にはビタミンB6が多く含まれており、皮脂の分泌を抑えて脂質をコントロールしてくれます。

また、ビタミンCが豊富に含まれる食品と一緒に摂ることで美肌効果があがります。

アーモンド

アーモンド

アーモンドには、ビタミンB2が豊富です。

ビタミンEも多く含まれており、血行が良くなるので美肌だけではなくダイエット冷え肩こりにも効果を発揮してくれます。

また、ポリフェノールも豊富なので細胞の老化をおさえることができ、アンチエイジングがしたい人にもおすすめの食品です。

ちょっと小腹が空いたときにも最適の食品ですね。

鶏の軟骨、おくら、もずく(ヒアルロン酸)

オクラ

鶏の軟骨、おくら、もずくは肌の弾力や潤いを保持するヒアルロン酸が豊富に含まれています。

鳥の軟骨などは居酒屋のメニューにもありますし、飲み会続きでお肌が…という時にも安心ですね。

おくらやもずくも、スーパーで気軽に買える食材ですし、簡単に調理できるところが嬉しいですね。

こんにゃく、しらたき(セラミド)

こんにゃく

こんにゃくやしらたきはセラミドが多く含まれているうえに食物繊維が豊富です。

また、最近ではグルテンフリーダイエットといってパスタ麺をしらたきに変えてダイエットをする人も。

セラミドを摂りつつ、ダイエットもしたいという女子の強い味方になってくれます。

牛すじ(エアラスチン)

牛すじには、エラスチンとコラーゲンが豊富に含まれています。

肌の弾力やハリつやをアップしたいときに摂りたい食材ですね。

エビ、カニ(アスタキサンチン)

エビ

エビやカニには、アスタキサンチンが多く含まれています。

エビやカニを使った料理は自宅ではあまり作らない、という人も、外食続きで困っている、なんていう時に選んでみてはどうでしょうか。

日常的に摂りやすい食材で言うと、サケやタラコにも多く含まれているので、意識して取り入れてみましょう。

イワシ・サバ(コエンザイムQ10)

イワシ

イワシやサバなどの青魚に多く含まれているのがコエンザイムQ10です。

過熱に強い成分なので、毎日の食事にも取り入れやすいですね。

その他、野菜ではブロッコリーやホウレン草などにも含まれていますし、大豆やゴマ油にも含まれています。

美肌に効果的な飲み物

毎日忙しいけど美容に良い食べ物を摂らなければ!と、頑張りすぎると、逆にストレスになってしまうことも。

美肌は気になるけど毎日継続するのが難しい、という人も多いですよね。

ここでは、毎日簡単に飲める美肌に良い飲み物をご紹介します。

エターナルプレミアム プラセンタドリンク

エターナルプレミアム プラセンタドリンク

老け顔にはなりたくない、若々しさを保ちたい、という女性から多くの注目を集めているのが、エターナルプレミアムプラセンタドリンクです。

コラーゲンやプラセンタを多く配合し、豊富な栄養成分をとれるのにカロリーも控えめなドリンクなので、女性には嬉しい限りですよね。

エターナルプレミアムプラセンタドリンクの嬉しい成分
  • 成分1 一本当たり35,000mgのプラセンタエキスを配合
  • プラセンタには、たんぱく質や脂質、糖質、各種酵素、ミネラル、ビタミンなどの美しさを保つ成分が数千種含まれています。

  • 成分2 8種類の美容成分
  • コラーゲン2,000mg、ヒアルロン酸、エラスチン、レスベラトロール、ローヤルゼリー、コンドロイチン、燕の巣エキス、セラミドが配合されています。

エターナルプレミアム プラセンタドリンクの価格を見てみる

するっ茶

するっ茶

いくら美肌に良い食材や飲み物を摂っても、体の巡りが悪いと台無しですよね。

巡りが悪いと、お腹はポッコリ、すっきりしない毎日を送ることに。

するっ茶は、飲むだけで美ボディを目指すことができるということで、試した人たちからの満足度も高い飲み物です。

スッキリとした爽快感を味わえる、ハリつやアップ温まるなどの声が寄せられ、多くの女性から支持を集めています。

するっ茶の嬉しい成分
  • 成分1 茶葉成分でスッキリ!
  • 杜仲茶、黒烏龍茶、こんにゃく芋、ショウガなどの成分を配合して、健康効果が期待できます。

  • 成分2 ビタミンも豊富に配合
  • ビタミンC、E、A、D、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸が配合になっています。

  • 成分3 植物発酵成分配合
  • 大豆、りんご、オレンジ、キウイフルーツ、バナナ、カシューナッツ、ゴマなどの多くの植物発酵成分が配合になっています。

するっ茶の価格を見てみる

善玉元気

善玉元気

美肌は体の内側から!と考えている人にとって、腸を元気にするのは大事なポイントです。

特に腸内には善玉菌。悪玉菌が生息しており、この菌によって体の調子も肌の調子も左右されます。

善玉菌を優勢にして体の中からきれいになれる善玉元気は、乳酸菌発酵エキスのサプリメント。

しっかり休んでも疲れがたまっている、表情がさえない、肌色がなんだか暗い…と悩んでいる人から注目を集めています。

善玉元気の嬉しい成分
  • 成分1 短鎖脂肪酸をはじめとする、352種の有用な成分配合
  • 短鎖脂肪酸は体の中で善玉菌を助け、体を内側からしっかりと守ってくれます。

    他にも、必須アミノ酸やアミノ酸、遊離アミノ酸、ビタミンB群、葉酸、ステリルグルコシド、大豆サポニン、Aリノレン酸なども配合されています。

  • 成分2 35種ヒト由来の乳酸菌、ビフィズス菌の共棲培養
  • 植物性乳酸菌は低温で働くのですが、善玉元気はヒトの体内温度でしっかりと働いてくれるエリート乳酸菌を採用しています。

善玉元気の価格を見てみる

野草酵素原液 越後の龍

越後の龍

毎日の食事の中でどうしても野菜不足になってしまう、お酒やたばこがやめられないけど、健康が気になる…という人から注目されているのが、野草酵素原液 越後の龍です。

美容だけではなく、ダイエット健康爽快感など、多くの働きをこなしてくれるドリンクです。

体内の酵素には体内に摂り入れた食物を消化、吸収する「消化酵素」と、体を活動させる「代謝酵素」の2種類があるのですが、酵素は年齢によって量がどんどん減っていきます。

体内の酵素が不足してしまうと、体の代謝が悪くなってしまうのです。

野草酵素原液 越後の龍の嬉しい成分
  • 成分1 野草を中心とした厳選80種の原材料
  • 世界中から集めた健康にいいハーブを集め野草は57種、野菜類は10種、果物類からは11種入っています。

    酵素の飲料は原材料の数が多いほどいいので、嬉しいですね。

  • 成分2 こだわりの糖類
  • 体のことを考えて、白糖ではなく黒砂糖やオリゴ糖、糖蜜を使っています。

野草酵素原液 越後の龍の価格を見てみる

まとめ

本当の美肌を得るためには、毎日の食事から変えなければなりません。

つまり、体の中からスキンケアをする意識が大切です。

忙しい毎日の中で食事を整えていくのはとても大変なことですよね。

残業や仕事のお付き合いでの飲み会など、栄養バランスが整わない、なんていう日もあるかもしれません。

しかし、サプリメントや毎日気軽に飲めるお茶などから始めると、意外と簡単に体内ケアができます。

諦めずに体内からきれいに、そして美肌になれるように頑張っていきましょう。

BoDiSIL編集部

もしあなたが肌だけでなく、白髪にもお悩みでしたら以下の記事がオススメです。

本記事のポイントをおさらい
  • 美肌に有効な成分はビタミンB2,6,C、コラーゲン、タンパク質
  • 美肌に効果のある食品は大豆製品、緑黄色野菜、いちご、アーモンド
  • プラセンタ系ドリンクも有効