【即効】ブルドッグフェイス解消術|ほほのたるみを一気に引き上げるエクササイズ&マッサージとは!?


ブルドッグフェイス解消

SHARE

BoDiSIL編集部

  • 「昔はこんな顔じゃなかったのに、年齢と共に頬がたるんできた」
  • 「頬がたるんでブルドッグみたい・・・」

こんな悩みを抱えている女性は決して少なくありません。

頬がたるんだブルドッグフェイスになると、年齢よりもずっと老けて見られます。

しかし、頬のたるみを刺激するエクササイズマッサージなどを行えば、ブルドッグフェイスは比較的短期間で解消することが可能です。

この記事では、日々たるみについて研究している当サイト編集部より、

頬のたるみを引き上げ、ブルドッグフェイスを解消するオススメのエクササイズ・マッサージを動画を交えて5つご紹介します。

頬のたるみで悩んでいる人のリアルな声


頬がたるみ、ブルドッグフェイスになる原因

ブルドッグ

スキンケアにいくら気を遣っていても、化粧品だけではブルドッグフェイスを解消することは容易ではありません。

ブルドッグフェイスを解消するには、顔の筋肉からケアしていく必要があります。

ブルドッグフェイスは複数の原因が組み合わさって起こっているので、まずはしっかりと原因を理解し、そのうえで効果的な対策を行うのがポイントです。

加齢による肌の弾力の低下が原因

ブルドッグフェイスの最も大きな原因は、加齢による肌の弾力の低下です。

私たちの肌の奥には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどを作り出す「線維芽細胞」があります。

しかし年齢を重ねると徐々に線維芽細胞が減り、肌の弾力が失われてしまうのです。

空気が十分に入った風船は大きく膨らんでいますが、中の空気が抜けてくるとしぼんでしまいます。

それと同じように、線維芽細胞が少なくなると、肌も風船のようにしぼんでたるみやすくなってしまうのです。

肌の乾燥で頬がたるむ

乾燥によるたるみ

肌の弾力やハリが失われ、たるんでしまう原因には、乾燥も大きな要因のひとつです。

深層部分まで潤っている肌は、弾力もハリも十分にある状態です。

しかし、なんらかの原因で肌が乾燥すると、肌の奥の水分が逃げやすくなり、あっという間に乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌は冬場にだけなるものと思われるかもしれませんが、夏場も意外と肌が乾燥しやすい季節です。

エアコンの風や洗顔のし過ぎ、紫外線によるダメージなど肌に負担がかかりやすくなるので、一年を通して保湿に力を入れてください。

夏の乾燥肌対策にはこの記事がオススメです。

紫外線によるダメージで頬がたるむ

紫外線ダメージ

紫外線によるダメージも見過ごせません。

紫外線は肌の表面だけでなく肌の深層部分(線維芽細胞)にもダメージを与えるからです。

すると、線維芽細胞の持つヒアルロン酸コラーゲン、エラスチンなどを作り出す力が弱くなります。

その結果、肌の弾力やハリが失われてたるみやすくなってしまうのです。

猫背がブルドッグフェイスを引きおこす

スマホ姿勢

ブルドッグフェイスと姿勢に何の関係があるの?

と思われるかもしれませんが、普段の姿勢は顔の表情に大きな影響を与えるので甘く見てはいけません。

あなたは普段、猫背になっていませんか?

猫背になると背中が丸まり、あごが前に出た状態になります。

あごが前に出ると顔の筋肉に影響が出て、ほうれい線が目立ちやすくなったり、ブルドッグフェイスになってしまったりするのです。

  • あごを引くと二重あごになる
  • デスクワーク中、前かがみになりやすい
  • 下を向いてスマホをいじる習慣がある

もし一つでも当てはまるとしたら、無意識に背中が丸まって猫背になっている可能性があります。

猫背はブルドッグフェイスだけでなく様々な不調の原因になるので、意識して猫背改善に努めましょう。

表情筋の衰え

無表情

普段笑うことが少なかったり、口を動かすことが少ないのであれば、表情筋の衰えがブルドッグフェイスを作っているかもしれません。

私たちの顔には、たくさんの筋肉があります。

そして、その筋肉の上に脂肪と皮膚が乗っています。

筋肉は、いわば脂肪と皮膚を支える土台です。

どんな建物でも土台がしっかりしていないと、上の建物がぐらついてしまうのと同じように、土台である顔の筋肉が衰えてくると、上に乗っている脂肪や皮膚がしっかりと支えられず、重力に負けて垂れ下がってきます。

ブルドッグフェイスを解消するには、顔の筋肉の衰えを食い止めることが重要です。

欧米の人に比べて感情表現が控えめな日本人は、顔の筋肉が衰えやすく、ブルドッグフェイスになりやすいといわれています。

積極的に顔の筋肉をトレーニングして、ブルドッグフェイスを予防しましょう。

ブルドッグフェイス解消し、頬のたるみを一気に引き上げる方法

では、ブルドッグフェイスを解消するにはどうすれば良いのでしょうか?

当サイトでは次の4つの方法を推奨します。

1.スキンケアを見直す

保湿ケア

普段のスキンケアで保湿が疎かになっている人は、保湿に力を入れたスキンケアを行いましょう。

肌の奥まで十分にうるおっていれば、肌の弾力やハリを維持することが可能です。

洗顔後はしっかりと保湿をして、肌にうるおいを与えてください。

また、うるおいを逃がさないためにも、洗顔はぬるま湯で行いましょう。

熱いお湯で洗顔すると、うるおいを閉じ込める働きがある皮脂を必要以上に取り除いてしまいます。

皮脂はたしかにニキビなどの原因になりますが、肌を刺激やホコリなどから守る働きもしています。

必要以上に皮脂を取り除くと、肌の奥からどんどんうるおいが逃げてしまうので注意してください。

2.紫外線対策をする

日焼け防止

紫外線対策をするのも効果的です。

日焼け止めだけでなく、日傘帽子なども使って紫外線によるダメージを軽減しましょう。

最近では、日焼け止めサプリメントなども市販されています。

毎日飲むだけで体の内側から紫外線によるダメージを軽減してくれるので、気になる人は利用してみるのもおすすめです。

3.姿勢を正す

猫背の人は、猫背の解消から始めましょう。

猫背は、骨盤が必要以上に後ろに傾くことで起こります。

普段から骨盤を真っすぐに立てて座ることを意識するだけでも猫背が軽減されます。

おしりの穴を床やイスの座面に付けるようなイメージで座ってみましょう。

普段から良い姿勢を意識するだけでなく、体幹である腹筋・背筋を鍛えるのも大切です。

腹筋と背筋は私たちの体を支える大切な筋肉です。

長時間しっかりと上半身を支えることができる腹筋と背筋が身に付けば、おのずと猫背も改善されます。

猫背を本格的に解消するにはこの記事がオススメです。

4.表情筋を鍛える

笑う

顔の筋肉は、腕や足の筋肉と違い、どれだけ鍛えられているか・衰えているかを一目見て判断することはできません。

また、腕や足の筋肉に比べて小さな筋肉がいくつも集まっているため、なかなか鍛えにくい場所でもあります。

しかし、ブルドッグフェイスを解消するには表情筋の筋トレは欠かせません。

普段から意識して笑う・口を大きく動かしてしゃべるといったことを心がけるだけでも、顔の筋肉のトレーニングになります。

ぜひ表情筋を鍛えて、ブルドッグフェイスを解消しましょう。

ブルドッグフェイスを解消するエクササイズ&マッサージ5選

「表情筋を鍛えたいけど、どうすれば良いの?」

そんな人のために、オススメのエクササイズとマッサージを5つご紹介します。

顔のたるみを改善する簡単エクササイズ

「顔のたるみを改善する簡単エクササイズ」は、主に頬の筋肉を鍛えるエクササイズです。

ブルドッグフェイスが気になる人はもちろん、口角が下がり気味の人にもオススメです。

一つ一つの動きは、できるだけ大きくゆっくりと行いましょう。

    顔のたるみを改善する簡単エクササイズのやり方
  • STEP.1
    目を時計回りに大きく3回回します。

  • STEP.2
    反時計回りにも3回回しましょう。
  • STEP.3
    大きく口を開けて「あ」の形にしてください。
  • STEP.4
    口を大きく開けたまま、片方の頬を上げます。口角を横に引くイメージで行うと良いでしょう。
  • STEP.5
    反対側も同じように行ってください。
  • STEP.6
    4と5の動作を5回繰り返します。
  • STEP.7
    口を閉じ、笑顔を作ります。口角を上げて、戻すを5回繰り返してください。
  • STEP.8
    上を向き、舌を突き出します。
  • STEP.9
    突き出した舌をゆっくり左右に動かします。5往復行いましょう。

ひょっとこ口エクササイズ

「ひょっとこ口エクササイズ」は、ひょっとこのようなユーモラスな表情が特徴のエクササイズです。

唇をすぼめて行うことで、より効果的に頬の筋肉を鍛えることができます。

唇をすぼめるときは、頬が凹むくらい思いきりすぼめましょう。

    ひょっとこ口エクササイズのやり方
  • STEP.1
    唇をすぼめて、思いきり前に出します。「ひょっとこ」のお面をイメージしましょう。

  • STEP.2
    唇を突き出したまま、左右に10往復動かします。頬の筋肉を意識して動かしてください。

頬のたるみ予防改善マッサージ

「頬のたるみ予防改善マッサージ」は、口の中から頬の筋肉をほぐすマッサージです。

1日1回、夜寝る前に行うと効果的です。

口の中に指を入れて行うので、口の中や歯茎を傷つけないように気を付けて行いましょう。

    頬のたるみ予防改善マッサージのやり方
  • STEP.1
    親指を口の中に入れ、頬の内側に当てます。指は口の一番奥まで入れましょう。

  • STEP.2
    内側から頬の筋肉をほぐすイメージで、上下にぐりぐりと押し出すように撫でます。
  • STEP.3
    同じ場所を3回ずつ撫でながら、奥から手前に移動させます。
  • STEP.4
    今度は手前から奥に、3回ずつ撫でながら移動させます。
  • STEP.5
    反対側も同じように行ってください。

頬のたるみ解消簡単マッサージ

「頬のたるみ解消簡単マッサージ」は、頬を外側から優しくマッサージしてたるみを解消するマッサージです。

顔の筋トレの後など、クールダウンとして行うのも良いでしょう。

手が冷えている際は、手をこすり合わせたりお湯に浸けたりして温めてから行うとより効果的です。

    頬のたるみ解消簡単マッサージのやり方
  • STEP.1
    両手のひらで頬を包み込み、優しく温めます。

  • STEP.2
    両手をおでこに当て、それぞれこめかみに向かって優しくさすります。
  • STEP.3
    両手の人差し指と中指を小鼻に当て、眉間に向かって優しくさすります。
  • STEP.4
    小鼻から上唇に向かって優しくさすりましょう。
  • STEP.5
    人差し指と中指で、こめかみから耳の下に向かってさすります。
  • STEP.6
    頬から耳の下までさすりましょう。
  • STEP.7
    目じりから目の下、上まぶたを通って耳の下まで円を描くようにさすります。

ペットボトルを使った口元の筋トレ

「ペットボトルを使った口元の筋トレ」は、空きペットボトルを使って行う筋トレです。

意識して筋肉を動かすエクササイズよりも顔の筋肉への負担が大きいので、無理をせず行ってください。

動画では2リットルサイズのペットボトルを使っていますが、慣れないうちは500mlサイズのものを使っても良いでしょう。

    ペットボトルを使った口元の筋トレのやり方
  • STEP.1
    歯を使わずに、唇だけで空のペットボトルをくわえます。

  • STEP.2
    ペットボトルをくわえたまま、おしりの穴をキュッと閉めた状態で息を吸います。ペットボトルが凹むぐらい吸いましょう。
  • STEP.3
    ペットボトルをふくらませるように息を吐きます。
  • STEP.4
    息を吐ききったらペットボトルから口を離し、上を向いてリラックスしましょう。
  • STEP.5
    終わったら口の周りの筋肉や首筋をさすってリラックスさせましょう。
  • STEP.6
    2~5の動作をあと2回繰り返します。
  • STEP.7
    一連の動作を3回1セットとして、1日1セット~2セット行ってください。

まとめ

ブルドッグフェイスは、放っておいても良くなることはありません。

年齢のせいだから仕方がないと思っている人も多いと思いますが、ブルドッグフェイスは日々の生活習慣の見直し顔の筋トレで充分予防ができるものです。

  • スキンケアを見直す
  • 紫外線対策を行う
  • 姿勢を正す
  • 表情筋を鍛える

以上4つの方法で、ブルドッグフェイスを予防・解消していきましょう。

エクササイズやマッサージは、1日2日で効果があらわれるものではないですが、継続することで短期間のうちに効果が出てくるでしょう。

毎日続けることで徐々に効果が表れてくるので、毎日のルーチンワークとしてやってみて下さいね。

BoDiSIL編集部