膀胱炎の症状と治し方|原因は?市販薬はある?何科を受診すればいい?繰り返さないためにすべき4つのこと


膀胱炎

SHARE

BoDiSIL編集部

「トイレにいってもスッキリしない」
「おしっこをする時、痛みがある」

こんな症状を我慢していませんか?

おしっこの悩みというのは、なかなか人に相談しにくいものですよね?

だからこそ、正しい対処法が分からず自己流のケアで悪化させてしまう人が珍しくないのです。

ここでは、内科医の大河内 昌弘先生監修のもと、女性にとって身近な泌尿器トラブルである「膀胱炎」の基礎知識と対処法をお伝えします。

監修ドクター

大河内 昌弘医師

大河内 昌弘 おおこうち まさひろ


経歴:平成2年3月名古屋市立大学医学部卒業。名古屋市立大学病院、愛知県公立尾陽病院で内科医として勤務した後、アメリカルイジアナ州立大学生理学教室に留学。その後、厚生連尾西病院内分泌代謝科部長、名古屋市立大学消化器代謝内科学 臨床准教授を経て、平成24年10月におおこうち内科クリニック開業。日本内科学会専門医、日本糖尿病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本消化器病学会専門医、平成15年学位取得。 おおこうち内科クリニック公式サイト http://www.okochi-cl.com/

膀胱炎の症状で悩んでいる人のリアルな声


https://twitter.com/ayakumachan5/status/994026793957933056


膀胱炎の症状・原因・種類など

膀胱炎痛み

残尿感や排尿時の痛みに悩んでいる女性は、意外と多いものです。

もしかしたら、その症状は膀胱炎かもしれません。

膀胱炎は、放っておくとより強い痛みや血尿腎盂腎炎などを引き起こすこともあるので、早めに正しく対処しましょう。

また、膀胱炎は繰り返しやすい病気です。

中途半端なケアはかえって治療の妨げになることがあるので、正しい知識を身につけ、適切な対処をするようにしましょう。

膀胱炎の主な症状

膀胱炎の主な症状は次のとおりです。

  • トイレが近くなる
  • 残尿感(排尿してもスッキリしない)
  • おしっこをするとき痛みを感じる
  • おしっこが濁る
  • 血尿が出る

膀胱炎になると、まずトイレの間隔が近くなる人がほとんどです。

重症になってくると10分おきにトイレに立つことも珍しくなくなるため、日常生活にも支障が出てしまいます。

また、排尿の際に、下腹部尿道口にしみるような痛みを感じることもあります。

放っておいても治る場合もありますが、ときに膀胱炎の症状はどんどん悪化し、ひどくなるとあまりの痛みでトイレから出られなくなってしまう人もいるので、早めの対処が必要です。

「なんだかおかしいな」と感じたら、早めに病院で検査を受けるようにしましょう。

膀胱炎の原因

我慢

では、どうして膀胱炎になってしまうのでしょうか?

膀胱炎の原因の多くは細菌感染です。

細菌に感染することで膀胱の粘膜に炎症が起きると、膀胱炎の症状が出てきます。

膀胱炎になる人は、男性より女性に多いとされています。

というのも、女性のほうが男性にくらべて尿道が短く、細菌が膀胱にたどり着きやすいからです。

しかし、すべての女性が膀胱炎になるわけではありません。

多少の細菌が入っても、免疫が働きますし、尿によって常に洗い流されていますので、普通は細菌が膀胱にやってきても炎症が起きることはないからです。

ところが、疲れがたまっていて抵抗力が落ちていたり、長時間排尿を我慢していたり、体が冷えていたりすると、膀胱の力が弱まって細菌に感染しやすくなってしまいます。

また、生まれつき肛門と尿道の距離が近かったり、尿道の開口している部分が人と異なっていたりする場合には、膀胱炎になりやすい場合があります。

さらに、性交渉の際に菌が入って膀胱炎を繰り返す方もいます。

膀胱炎の種類

膀胱炎と一口にいっても、いくつかの種類があるので簡単に見ていきましょう。

急性膀胱炎(きゅうせいぼうこうえん)
体力が落ちた時や抵抗力が落ちた時などに発症しやすい、一般的な膀胱炎です。男性よりも女性の患者さんが多く、治療には内服薬を使います。
慢性膀胱炎(まんせいぼうこうえん)
急性膀胱炎に比べて、突然強い症状が出るわけではなく、慢性的な症状が続くタイプですが、治療には難渋することが多い膀胱炎です。時には膀胱と腸がつながっていて膀胱炎を引き起こすなど、大きな病気に伴って起こっていることもあります。
出血性膀胱炎(しゅっけつせいぼうこうえん)
出血を伴うタイプの膀胱炎です。細菌感染による急性膀胱炎でも出血して真っ赤な血尿が出ることもありますし、細菌以外の、放射線、アレルギー、ウイルス、薬の副作用などさまざまな原因で炎症が起こり、出血性膀胱炎が起こります。特に、「10年以上前に子宮がんで放射線治療を受けた」経緯があるなど、放射線による膀胱炎ではかなり長い年月を経て症状が出てくることもあります。

間質性膀胱炎(かんしつせいぼうこうえん)
膀胱の力が衰えたことで、尿が膀胱の粘膜にしみこんで炎症を起こすタイプの膀胱炎です。原因は不明で治りにくいとされています。患者の9割は女性です。

膀胱炎の症状に適応する市販薬

漢方薬

「膀胱炎かもしれない」と思ったら、なるべく早めに正しい対処を行いましょう。

膀胱炎は放っておくとどんどん悪化していきます。

膀胱炎に適応のある市販薬

まず、膀胱炎になったかもしれないと思ったら、市販薬で様子を見ましょう。

ドラッグストアには、膀胱炎に適応のある市販薬が売られています。

代表的なものをご紹介しますね。

腎仙散(じんせんさん)

摩耶堂製薬
¥1,492 (2019/08/18 16:50:23時点 Amazon調べ-詳細)

腎仙散は15種類の生薬から作られた膀胱炎やむくみに効果がある薬です。

抗菌・利尿・抗炎症・鎮痛作用があり、膀胱炎の原因になっている菌を洗い流して、痛みを抑えてくれます。

漢方薬なので、食前に飲むようにしましょう。

レディガードコーワ

レディガードコーワは、フラボキサート塩酸塩を配合した女性のための薬です。

残尿感頻尿を改善する効果があります。

膀胱炎の症状の中でも、特に頻尿に悩んでいる人にオススメの薬です。

ベアベリックス

エスエス製薬
¥2,400 (2019/08/18 16:50:24時点 Amazon調べ-詳細)

ベアベリックスは、排尿時の不快感や残尿感を改善してくれる植物性の薬です。

有効成分として、抗菌作用のある薬用植物「ウワウルシ」を配合しています。

ドライシロップ剤なので、水に溶かして飲みやすいのもポイントです。

ボーコレン

ボーコレン
¥1,229 (2019/08/18 16:50:25時点 Amazon調べ-詳細)

ボーコレンは排尿痛・残尿感・頻尿に効果のある薬です。

11種類の生薬をブレンドして作った「五淋散」がもとになっています。

漢方薬ですが粉薬ではないので、独特の味やニオイが苦手な人でも飲みやすいのではないでしょうか。

泌尿器科を受診しよう

病院

市販薬をしばらく服用しても症状が改善しない場合や、膀胱炎を何度も繰り返すような場合は、早めに泌尿器科を受診しましょう。

膀胱炎を繰り返しているだけだと思っていたら膀胱がんであったということもあります。

排尿のトラブルということで泌尿器科を受診するのは勇気が要るかもいれませんが、膀胱炎は決して稀な病気ではありません。

あなた以外にも悩んでいる人は大勢います。

ひどい風邪を引いたら、病院で診てもらいますよね?

それぐらいの気軽さで泌尿器科を受診してみましょう。

特に膀胱炎を何度も繰り返す場合は、膀胱炎の背後に大きな病気が隠れている可能性もあります。

「大したことはない」と自己判断せず、一度病院で詳しい検査を受け、適切な治療を受けましょう。

なお、膀胱炎の治療には、飲み薬が処方されます。

「症状が軽くなったからもういいや」と途中で飲むのを止めてしまうと膀胱炎が再発しやすくなるので、処方された日数分はきちんと薬を飲み続けるようにしましょう。

膀胱炎を繰り返さないためにすべき4つのこと

膀胱炎は一度発症すると、繰り返す人も多いです。

しかし、膀胱炎は普段の生活の中で少し工夫をすることで、十分予防ができる病気です。

つらい膀胱炎を繰り返さないためにも、次のことを心がけてください。

1.水分を多めにとる

お水

あなたは、毎日どれくらい飲み物を飲んでいますか?

もしあまり水分補給をしないのであれば、それが膀胱炎の原因になっているかもしれません。

排尿には、体の中の老廃物を排出する働きだけでなく、尿道に付いた細菌を洗い流す役割もあります。

十分な量のおしっこを出すことは、膀胱炎予防に欠かせません。

女性の場合「水太りするから」「むくんでしまうから」という理由で、水分補給を控える人がいます。

膀胱炎で悩む人だと「もっとトイレが近くなるから」という理由で控える人もいるかもしれませんが、意識的に水やお茶を飲んで、おしっこの量を増やすことが効果的な場合があります。

2.トイレを我慢しない

トイレ

あなたは、行きたい時にトイレに行けていますか?

もし、トイレを我慢することが多いのであれば、今日からでも積極的にトイレに行きましょう。

先ほどもお話した通り、排尿をすることで膀胱炎の原因となる細菌が洗い流されます。

トイレを我慢していると、それだけ長い時間尿道に細菌が留まるので、膀胱炎になりやすくなってしまうのです。

とはいえ、仕事中や外出中などは、頻繁にトイレに行くことは難しいと思います。

そんな時は、前もってトイレを済ませておくなど、長時間、尿を膀胱に貯めておかない工夫をしましょう。

3.体を清潔に保つ

トイレットペーパー

膀胱炎の多くは細菌への感染が原因で起こります。

体を清潔に保って、原因となる細菌の数を減らすことは予防に大きな効果があります。

排便時は後ろから前に向かって拭くと便に含まれる細菌が尿道に付きやすくなるので、前から後ろに向かって拭くようにしましょう。

4.性交渉後はトイレに行く

性交渉が原因で膀胱炎になってしまう女性も少なくありません。

性交渉をすると尿道に細菌が付きやすくなるので、そこから膀胱で細菌が増えて、炎症が起きてしまうのです。

性交渉の後は、トイレに行く習慣を付けましょう。

トイレで排尿をすることで、尿道についている細菌を洗い流すことができます。

膀胱炎は早期発見・早期対処が再発防止のカギ!

膀胱炎は、放っておくとどんどん悪化するだけでなく、治ったと思っても再発しやすい厄介な病気です。

「膀胱炎になったかも?」と思ったら、早めに薬を服用したり、病院を受診したりするなど対策を行いましょう。

また、再発防止のために、普段の生活の中でも工夫することが大切です。

BoDiSIL編集部

本記事のポイントをおさらい
  • 膀胱炎の原因は細菌感染
  • 膀胱炎には急性、慢性、出血性、間質性などがある。
  • 市販薬もいくつかある(Amazonで購入可能)
  • 繰り返さないためには水分を多く取って排尿を促したり、性交渉後に排尿するなど、基本的なことを徹底する