子供の目ヤニが大量に出る原因はアデノウイルスかも|登園はできる?病院は眼科?小児科?


子供の目やに
湯田貴江 医師

小児科医

湯田貴江 先生 監修

SHARE

BoDiSIL編集部

朝起きたら子供の目ヤニがびっしり!

これ、子供をもつ親なら多くの人が経験します。

初めてのときは「え、なにごと!?」

と心配になってしまいますよね。

もしいつもと違う目ヤニの量が見られた場合は、すぐに小児科を受診しましょう。

その目の症状は、他の人にうつるものかもしれません。

ここでは、小児科医の湯田先生監修のもと、子供の目ヤニの原因と対処法について詳しく解説していきます。

監修ドクター

湯田 貴江医師

湯田 貴江 ゆだ たかえ


専門:小児科専門医
所属学会:日本小児科学会、日本アレルギー学会所属
経歴:平成21年3月 東邦大学医学部卒
   平成21年4月 自治医科大学附属病院 初期研修
   平成23年4月 自治医科大学附属病院 小児科入局
   平成27年4月 同愛記念病院 小児科勤務

子供の目ヤニが大量に出た親のリアルな声


子供の目ヤニの原因は?病気のサイン?

目やに

普段健康であっても、寝起きには目ヤニがでるものです。

目ヤニは、古くなった目の細胞からできたいわば「目の垢」のようなもので、通常、朝起きた時に少しの目ヤニが出ていたからといって心配する必要はありません。

しかし、

  • 黄緑色のドロッとした目ヤニ
  • サラサラとした目ヤニ
  • 白くネバネバしている目ヤニ

これらが多めに出たときは注意が必要です。

なぜなら、感染症アレルギー症状によって目に何らかのトラブルがあることを示しているからです。

放っておいてもすぐに良くなるということはないので、早めに病院を受診してきちんと治療を受けましょう。

子供の目ヤニが増える病気には、次のようなものがあります。

細菌性結膜炎

黄色ぶどう球菌や表皮ぶどう球菌など、身の回りに存在している細菌に感染したことで起こる目の炎症です。

黄色っぽくネバネバする目ヤニができます。

他人にうつることは稀です。

アレルギー性結膜炎

花粉やダニ、ハウスダストなどに対するアレルギーが原因で起こる目の炎症です。

白っぽい目ヤニが出ます。

その人の体質によるものなので、基本的に他の人にうつることはありません。

流行性角結膜炎

はやり目

流行性角結膜炎は「はやり目」と呼ばれる病気です。

アデノウイルスに感染することで発症します。

感染してから1週間~2週間程度は症状がありませんが、徐々に目がゴロゴロしたり、充血したり、瞼が腫れたりしてきます。

また、目ヤニや涙もたくさん出て、治るまでに2~3週間程度かかります。

ウイルスによる感染症なので、他の人にうつる可能性があります。

咽頭結膜炎(プール熱)

発熱

咽頭結膜炎(プール熱)もまたアデノウイルスに感染することで発症する病気です。

プール熱は暖かくなる6月頃から徐々に増え始め、7~8月にピークを迎え、10月頃まで流行が見られます。

感染すると、5~7日程度で症状が出てきます。

充血や目ヤニといった目の症状以外にも、のどの痛み高熱といった症状が出ることもあり、治るのに2週間程度かかる病気です。

アデノウイルスってどんなウイルス?

結膜炎といっても様々なタイプがありますが、今回は他の人からうつる他の人にうつしてしまうおそれのある「流行性角結膜炎」「咽頭結膜炎」について詳しく見ていきましょう。

どちらの病気も、「アデノウイルス」というウイルスによって引き起こされます。

アデノウイルスには約50種類の型があり、種類によって感染したときの症状が異なります。

結膜炎を起こすアデノウイルスだけでなく、のどの痛みおなかの風邪、肺炎膀胱炎を引き起こすものまで様々です。

アデノウイルスの症状
  • 結膜炎
  • のどの痛み
  • 胃腸風邪
  • 肺炎
  • 膀胱炎
アデノウイルスの感染経路
  • 唾液などの飛沫感染
  • 涙・鼻水などの分泌物との接触
  • 排泄物との接触による糞口感染

アデノウイルスに感染すると……

アデノウイルスに感染すると、5日~7日程度の潜伏期間を経て症状が出てきます。

症状が最も強く表れるのは症状が出てから3日目~5日目です。

その後2週間程度かけて回復していきます。

アデノウイルスの治療法は?

目薬

アデノウイルスが原因の結膜炎には、2018年時点で特効薬はありません。

ウイルスを殺す薬が無いため、症状を抑えながら十分に体を休ませることが一番の治療です。

ただし、放っておくと他の感染症にかかってしまったりする場合があるので「抗菌点眼薬」や、目の炎症を抑えるために「低濃度ステロイド点眼薬」などが処方されることがあります。

子供に目ヤニが大量に出たら何科を受診すれば良いの?

小児科

「目も充血しているし、目ヤニも多い……病院に連れていきたいけど、眼科小児科どっちに連れて行けば良いの?」

子供の目ヤニは咽頭結膜炎の可能性もあるので、まずは小児科でOKです。

ただし、アデノウイルスはとても感染力が強いので、他の患者さんにうつさないために事前に電話で連絡して指示を仰いでください。

アデノウイルスに感染した人が触ったものに触れ、その手で目をこすっただけでも簡単にうつってしまうのがアデノウイルスです。

念のために受診する病院に連絡し、その指示に従って受診するようにしましょう。

子供がアデノウイルスに感染!幼稚園や保育園には行っても良いの?

幼稚園

アデノウイルスが原因の結膜炎になってしまった場合、幼稚園や保育園へはいつも通り登園して良いのでしょうか?

アデノウイルスによる結膜炎は、学校保健法で第三種に指定されている病気です。

とても感染力が強いので、医師から「もう登園しても大丈夫ですよ」と言われるまで登園してはいけません。

くれぐれも「症状が治まったから大丈夫だろう」「子供が行きたがっているから」と親の自己判断で登園させないようにください。

アデノウイルスによる結膜炎は、しっかり休養・治療を行えば1週間から2週間程度でよくなります。

しかし、十分な休養がとれていなかったり、治療開始が遅れて重症になってしまった場合は、完全に治るまで1か月程度かかってしまうこともあるので、早期発見・早期治療が肝心です。

家族がアデノウイルスに感染しないために

子供がアデノウイルスに感染しちゃった!

このとき、他の家族がアデノウイルスに感染しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

アデノウイルスはとても感染力が強いウイルスなので、完全に防ぎきることは難しいと言わざるを得ません。

しかし、普段の生活の中で次のことを心がけることで感染するリスクを下げることができるので、家族が感染しないためにも次のことに気を付けてください。

うがい・手洗いをしっかりする

手洗い

まず、感染しないようにするためにはうがい・手洗いをしっかりすることが大切です。

特に、アデノウイルスは、ウイルスに感染した人が触ったものに触るだけでも簡単に感染します。

アデノウイルスが付いた手で目を触れば、高確率ではやり目になってしまうので、まずは手洗いをしっかり行って、アデノウイルスを洗い流しましょう。

また、手を洗った後に消毒用のアルコールを手にすりこむのも効果的とされています。

もしお子さんがアデノウイルスに感染した場合は、お子さんが触った場所を消毒用エタノールを含ませた布で二度拭きしてください。

エタノールで拭くことで、他の家族にアデノウイルスが感染するのを防ぐことができます。

手ピカジェル
¥720 (2019/02/18 10:00:31時点 Amazon調べ-詳細)

同じタオルを使わない

清潔なタオル

お子さんがアデノウイルスに感染した場合は、同じタオルを家族で使いまわさないようにしましょう。

お子さんが使った後のタオルには、アデノウイルスがたくさん付いています。

そんなタオルで顔を拭いたり、手を拭いてそのまま顔をを触ったりすれば、簡単にアデノウイルスに感染してしまいます。

お子さんと家族で使うタオルは分け、お子さんの使ったタオルはこまめに洗濯してください。

感染者の入浴は一番最後に

お風呂の順番にも注意が必要です。

医師から「完治しましたよ」と言われるまでは、一番最後に入浴してもらうようにしましょう。

お風呂で顔を洗ったりすると、お風呂のお湯の中にアデノウイルスが溶け込んでしまいます。

他の家族が同じお湯に浸かるとアデノウイルスに感染してしまう可能性があるので、一番最後に入浴してもらってください。

しっかり休養して抵抗力を

アデノウイルスに感染しないためには、体の抵抗力を落とさないことが大切です。

家の中でお子さんと密に接する家族の人は、しっかり休養に努めて抵抗力・免疫力を落とさないようにしましょう。

もし目ヤニが出る目が充血する熱が出るといった症状が出た場合は、早めに医療機関を受診してください。

また、アデノウイルスが原因のはやり目は放っておいてもすぐには良くなりません。

お子さんの目ヤニが多いと感じた時は、アデノウイルスを疑い、すぐに小児科を受診するようにしましょう。

手洗い・うがい、アルコール消毒は習慣づけて行うようにしましょう。

BoDiSIL編集部

本記事のポイントをおさらい
  • 目ヤニが大量に出た時はアデノウイルスを疑う
  • アデノウイルスは感染力が強い。入浴でも感染する
  • まずは小児科を受診
  • 登園は医師の許可が出るまでは不可
  • とにかく早めに医療機関を受診する
  • 手洗い・うがい、アルコール消毒を習慣づける