宿便は臭い!?宿便を出してお腹のぽっこりを解消し美肌になる一石二鳥の方法


宿便を出してぽっこり解消

SHARE

BoDiSIL編集部

ダイエットをして、体重は減っているのにおなかはぽっこりしたまま・・・

いくら痩せても、おなかがぽっこりしたままでは、ダイエットに成功したとは言えないですよね。

おなかがぽっこりしている原因には内臓脂肪や皮下脂肪などもありますが、宿便も大きな原因の一つだってご存知でしたか?

  • なかなかお通じが来ない
  • トイレに行ってもスッキリしない
  • おなかがぽっこり張っていて苦しい

という人は、おなかの中に宿便が溜まっているのかもしれません。

この記事では、腸内環境改善ダイエットについて日々研究している当サイト編集部より、宿便を出してお腹のぽっこりを解消し美肌になる一石二鳥の方法を解説します。

宿便を出したくて悩んでいる人のリアルな声


https://twitter.com/yuuge7/status/889453964491489280


宿便の特徴|臭い?放置しておくとどうなるの?

では、宿便を放置しておくとどうなるのでしょうか?

宿便を放置しておくと次のような症状の原因になるおそれがあります。

宿便を放置していると起こるデメリット
  • 肌荒れ
  • 肩こり
  • 免疫力の低下
  • おなかの張り
  • 食欲不振
  • だるさ
  • イライラ

おなかがぽっこり膨らむだけでなく、様々な体調不良の原因にもなるので、積極的におなかに溜まった宿便を出してスッキリできるような工夫をしましょう。

また、宿便は長い間腸に滞留していて腐敗が進んでいるため、非常ににおいがきついのも特徴です。

宿便とは?

宿便とは

テレビや雑誌などで「宿便を出してマイナス5kg!」とか「宿便デトックスに効果のある〇〇」といった見出しを見たことがある人もいるかと思いますが、宿便とは一体どんなものなのでしょうか?

検索してみますと、

宿便とは
長い間腸の中にたまっていた大便。

引用元:https://www.weblio.jp/content/宿便

とあります。

しかし、医学的には「宿便」というものは存在しないんです。

以前はテレビなどで、

「腸のひだに引っかかって何年もおなかの中に溜まっている便……宿便がある。その宿便は、腸内洗浄などをしなければ出すことができず、放っておくと肌荒れや体調不良の原因になる」

などと言われていましたが、医学的にこのようなことは起こり得ません。

というのも、私たちの腸は絶えず動いているからです。

仮にひだができてそこに便が引っかかったとしても、腸は常に動いているので、ひだになった部分がそのまま何年も動かないということはあり得ません。

ひだに引っかかった便は、腸の動きに合わせて自然と排出されると考えられています。

また、腸は常に粘液を分泌しているので、そもそも便がこびりつきにくいのです。

でも、「医学的に宿便は存在しない」というのにも関わらず、私たちは当たり前のように「宿便が出ない」とか「宿便が溜まって苦しい」などと言っていますよね?

私たちが「宿便」と呼んでいるものの正体……

それは、単純に「頑固な便秘で長時間おなかに留まっている便」なのです。

「滞留便」などと呼ばれることもあります。

宿便と同じようにおなかに溜まっている便ではありますが、その期間はせいぜい数日程度。

普段の生活の工夫の中で便秘が解消されれば、私たちが「宿便」と呼んでいる便もスッキリ排出されます。

宿便を出すためのポイント

では、どうすれば宿便をスッキリと出すことができるようになるのでしょうか?

当サイトでは以下の方法を推奨します。

  1. トイレをしながらヨガ
  2. 腸デトックスマッサージ
  3. 梅を使ったデトックスフードの摂取
  4. 1日ファスティング
  5. 腸内洗浄

宿便の出し方|スッキリ出す5つの方法

それでは、宿便をスッキリ出すための5つの方法を詳しく解説していきます。

トイレをしながらヨガ

運動する時間が取れなかったり、運動をするのが苦手な人にオススメなのが、トイレでできるヨガです。

5分から10分程度かけてゆっくりと行うことで、腸の運動が促され、スムーズに排便できるようになります。

    トイレしながらヨガのやり方
  • STEP.1
    便座に座った状態で背筋を伸ばし、おなかに両手を添えましょう。

  • STEP.2
    目を閉じ、5秒かけてゆっくりと鼻から息を吸います。この時、おなかを風船のようにふくらませるイメージで行いましょう。
  • STEP.3
    おなかをへこませながら、口から10秒かけて息を吐きます。
  • STEP.4
    気分を落ち着かせて、ゆっくりと2と3の動作を5分ほど繰り返してください。

腸デトックスマッサージ

なかなか便意が感じられない、おなかの動きが鈍くなっている気がするという人は「腸デトックスマッサージ」を行ってみましょう。

「腸デトックスマッサージ」はおなかの動きを促してくれるマッサージです。

夜寝る前に布団の中でやってみてくださいね。

    腸デトックスマッサージのやり方
  • STEP.1
    あおむけに寝て、両ひざを立てます。

  • STEP.2
    両手の人差し指と親指をくっ付けて三角形を作り、おへその上に当てます。
  • STEP.3
    立てたひざを左右にパタパタと倒します。この時、手は動かさずに膝だけを動かすよう意識しましょう。20回ほど繰り返してください。
  • STEP.4
    ひざをパタパタと左右に倒しながら、おへその上に置いた手をゆっくり上下に動かします。10往復を目安に行いましょう。
  • STEP.5
    ひざを左右に倒しながら、おなかを手のひらで押さえます。ひざが右に倒した時は右のおなかを、左に倒した時は左のおなかを押してください。10回繰り返します。
  • STEP.6
    今度は、ひざを倒した方と反対のおなかを指先で軽く引っ張ります。手を上下に動かしながら左右15回ずつ行ってください。
  • STEP.7
    両手の人差し指と親指をくっ付けて三角形を作り、おへその上に当て、ゆっくりとおなか全体をさすります。
  • STEP.8
    手をおへその上に戻し、ひざを伸ばして脱力します。ゆっくりと腹式呼吸で深呼吸をしましょう。

大根+梅のデトックスフード

大根煮

普段の食べ物で腸内のデトックスを促す方法もあります。

おなかの調子を整える・デトックス効果があるとされている食べ物はたくさんありますが、最近雑誌で取り上げられ人気を博しているのが「大根の梅煮」です。

胃が空っぽの時に食べるとより高い効果が得られるので、ぜひ試してみてください。

大根の梅煮の作り方

材料
  • 大根 1本
  • 梅干し 2~3粒
  • 昆布だし 適量
作り方
  1. 大根をよく洗い、皮付きのまま厚さ2cmの輪切りにします。
  2. 大根が浸るぐらいの昆布だしで、大根が柔らかくなるまで煮ます。
  3. 大根が柔らかくなったら、梅干しを潰して加えます。
    効果的な食べ方
  • STEP.1
    おなかが空いた状態で、まずは「大根の梅煮」の煮汁をどんぶり1杯飲みます。
  • STEP.2
    梅干を食べます。
  • STEP.3
    「もう飲めない!」というところまで煮汁をたっぷりと飲んでください。
  • STEP.4
    大根を食べます。トイレに行きたくなるまで大根を食べましょう。

人によっては、煮汁を飲んだだけでもトイレに行きたくなることがあります。

大根を煮る時間が無い人は、「梅湯」でもデトックス効果が得られるのでそちらの方法もご紹介しておきましょう。

梅湯の作り方

材料
  • 梅干し(しょっぱいもの) 2~3粒
  • お湯 適量
作り方
  1. 湯呑に潰した梅干しを入れ、お湯を注ぐ。

朝起きてすぐの空腹時に温かい梅湯を飲むと、腸に刺激が加わって、腸の動きが活発になります。

1日ファスティング

ファスティング

腸の運動を促すには、気軽にできる1日ファスティングも効果的です。

1日断食して胃と腸をじっくり休めることで、腸の運動を促すホルモンが分泌され、お通じが改善します。

断食には様々なやり方がありますが、最も手っ取り早く行えるのが「夕食抜き断食」です。

単純に夕食を抜くだけの断食ですが、寝ている間にしっかりと胃腸を休めることができるので、翌朝の便通が改善する人がたくさんいます。

朝から1日断食をおこなう際は、次のポイントを意識して行ってみてください。

    1日ファスティングのやり方
  • STEP.1
    前日の夕食は軽めに済ませ、そのまま就寝する。
  • STEP.2
    断食をする日は食事を食べず、ファスティングドリンクなどをこまめに飲む。(1日1.5リットルから2リットルを目安に。)
  • STEP.3
    暖かくして過ごす。
  • STEP.4
    ヨガや散歩などで軽く体を動かす。
  • STEP.5
    断食が終わったら、おかゆなどの消化の良いものを食べる。(先ほど紹介した梅湯もおすすめです。)

腸内洗浄

腸内洗浄

「とにかくおなかの中を一気にキレイにしたい!」という人は、腸内洗浄を受けるという方法もあります。

腸内洗浄は、おしりからおなかのなかに管を入れ、ぬるま湯でおなかの中を洗うというものです。

腸内洗浄ができる病院は決して多くはありませんし、保険も適用されないため、1回の費用もそれなりにかかります。

ただし、他の方法に比べて即効性があり、医師が行うので安全性も高いのがメリットです。

欧米の女優やスーパーモデルの間では非常にポピュラーな美容法です。

まとめ

「ぽっこりおなかをどうにかしたい!」と思ったら、宿便のデトックスから始めましょう。

宿便を出しきることで腸の中の環境が良くなり、肌がきれいになることもあります。

宿便を出すには、

  • トイレをしながらヨガ
  • 腸デトックスマッサージ
  • 梅を使ったデトックスフードの摂取
  • 1日ファスティング
  • 腸内洗浄

5つの方法が効果的です。

まずは自宅でできる方法から始めて、ぽっこりおなかを改善しましょう。

BoDiSIL編集部