【最新版】二日酔いに効く食べ物・飲み物・栄養素21選


二日酔い

SHARE

BoDiSIL編集部

楽しい飲み会。

ついつい飲みすぎて、翌朝、目が覚めると、

  • 頭痛がする
  • 吐き気が続く
  • カラダがだるい

こんなつらい二日酔いは、お酒が好きな人なら誰もが経験しているのではないでしょうか?

しかし、二日酔いでも相変わらず仕事家事・育児は待っています。

できることなら、すぐにでもつらい症状を消し去りたいですよね。

この記事では、二日酔いの時にこそ摂りたい、二日酔いの不快な症状を和らげてくれる栄養素・食べ物・飲み物を21種類、ご紹介します。

二日酔いで悩んでいる人のリアルな声

https://twitter.com/kusanomec/status/1014442553653936128


二日酔いの効く栄養素・食べ物・飲み物21選

二日酔いになった時、食べ物や飲み物はどんなものを積極的に摂れば良いのでしょうか?

早速、二日酔いに効果があるとされる栄養素と食べ物・飲み物をご紹介します。

二日酔いに効果のある食べ物

バナナ

バナナ

ビタミンB1・B2・B6が豊富に含まれているだけでなく、カリウムやマグネシウムも含まれているため、二日酔いに効果的な栄養素をバランス良く摂ることができます。

また、それなりに腹持ちも良いため、朝食代わりになるのも魅力です。

トマト

トマト

トマトに含まれるリコピンは、アセドアルデヒドの働きを抑えてくれます。

また、クエン酸が荒れた胃の粘膜を保護してくれるので、吐き気や胃のむかつきがあるときにおすすめの食べ物です。

キウイフルーツ

キウイフルーツ

ビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCはアセドアルデヒドを分解する際に大量に消費されるので、積極的に摂るようにしましょう。

グレープフルーツ

グレープフルーツ

ビタミンC、ビタミンB1のほか、アセドアルデヒドの分解を多少は助けてくれる「フルクトース」という果糖が含まれています。

またクエン酸も豊富で、クエン酸が肝臓の働きを高め、アルコールの吸収・分解を促してくれます。

梅干し

梅干し

クエン酸のほか、肝臓の機能を活性化させる「ピクリン酸」が含まれています。

昔から二日酔いに良いとされており、潰した梅干しに醤油を少々混ぜ、番茶に溶かした「梅醤番茶」は二日酔い改善ドリンクの定番です。

枝豆

枝豆

ビタミンB1、ビタミンCのほか、肝臓の働きを助ける「メチオニン」というアミノ酸が豊富です。

また、カリウムも豊富なので、二日酔いのときのむくみ解消にも効果があります。

シジミ

しじみ

オルニチンが豊富に含まれています。

味噌汁やスープなどにして食べると栄養を余すことなく摂取でるだけでなく、水分補給・栄養補給もできます。

二日酔いに効果のある飲み物

味噌汁

みそ汁

体に必要な塩分と水分を一度に取ることができます。

熱すぎるものは胃に負担を掛けてしまうので、人肌程度に冷ましたものを少しずつ飲みましょう。

具材は入れても入れなくても良いですが、入れるのであれば「梅干しと鰹節」「しじみ」などがおすすめです。

トマトジュース

トマトジュース

トマトジュースにはリコピンやクエン酸が含まれているため、よりアセドアルデヒドの代謝を促し、荒れた胃の粘膜を労わってくれます。

飲みにくい場合はレモン汁を少し加えたり、で味を調えると良いでしょう。

経口補水液(スポーツドリンク)

スポーツドリンク

二日酔いは、とにかく水分補給が大切です。

経口補水液やスポーツドリンクなどで水分をしっかりと補ってください。

冷たいものよりも常温のもののほうが胃腸に負担がありません。

なお、スポーツドリンクなどの飲み過ぎは、糖分の摂り過ぎにつながります。

一度に大量に飲むことは避けてください。

OS-1(オーエスワン)
¥3,980 (2019/05/24 20:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

コーヒー

コーヒー

頭痛がある場合は、コーヒーを飲むのも効果的です。

ただし、コーヒーには利尿作用があるので、飲みすぎには注意してください。

コーヒーを飲むときはカップ1杯程度に留め、水も一緒に飲むようにすると安心です。

麦茶

麦茶

お茶が飲みたい場合は、麦茶などのノンカフェインのお茶を飲むようにしましょう。

カフェインには利尿作用があるため、お茶だけをがぶがぶ飲んでいるとかえって脱水症状が悪化してしまうことがあります。

麦茶であればカリウムなどのミネラルも補えるのでおすすめです。

金沢大地
¥530 (2019/05/24 20:53:42時点 Amazon調べ-詳細)

ルイボスティ

ルイボスティー

ルイボスティーには、アセドアルデヒドを分解する際に作られる活性酵素の働きを抑える作用があります。

オーガニックのものがオススメです。

河村農園
¥666 (2019/05/24 20:53:42時点 Amazon調べ-詳細)

二日酔いに効果のある栄養素

ナイアシン

アセトアルデヒドの分解を助ける栄養素です。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などから作られます。

ナイアシンのサプリメントを利用するのも良いですが、マルチビタミンやビタミンB群などのサプリメントを利用して、元になるビタミンB1・B2・B6を補うのもおすすめです。

小林製薬の栄養補助食品
¥496 (2019/05/24 20:53:43時点 Amazon調べ-詳細)

αリポ酸

肝臓の代謝を助ける栄養素です。

アルコールは肝臓で分解・解毒されるので、肝臓の働きを助けるサプリメントを摂るのは二日酔い対策として有効といえます。

DHC(ディー・エイチ・シー)
¥782 (2019/05/25 06:13:17時点 Amazon調べ-詳細)

亜鉛

亜鉛は、アルコールを分解するときに必要な酵素の働きを助けてくれる栄養素です。

牡蠣肉類、魚などに多く含まれてす。

ビタミンCと一緒に摂ることで吸収が良くなるので、レモン汁などを振って食べると良いでしょう。

また、亜鉛単体のサプリメントはもちろん、マルチミネラルのようなサプリメントにも含まれているので、必要に応じてサプリメントを賢く利用してください。

マグネシウム

マグネシウムは、体の中の様々な酵素の働きを助ける栄養素です。

また、二日酔いの際のだるさや脱力感を和らげる働きもあります。

二日酔いになると、体の中の水分がどんどん尿として排出されていきます。

その際、尿にはマグネシウムやカリウム、塩分といった体に必要なミネラルも含まれており、そのまま放っておくと体を健やかに保つミネラルが不足して、だるさや脱力感が出てきます。

二日酔いでだるさや脱力感を感じるときは、水分だけでなくマグネシウムをはじめとしたミネラルをしっかり補うようにしましょう。

NATUREMADE(ネイチャーメイド)
¥627 (2019/05/24 20:53:44時点 Amazon調べ-詳細)

ビタミンC

ビタミンCはアセドアルデヒドの分解に必要な栄養素です。

お酒をたくさん飲んだ後は、いつも以上に消費されやすいので意識して補うようにしましょう。

ビタミンCは果物や野菜に多く含まれています。また、サプリメントも手ごろな値段で手に入るので常備しておくと良いでしょう。

二日酔いになってしまってからサプリメントなどで補うだけでなく、お酒を飲む前にも補うことで二日酔い予防効果も期待できます。

ディアナチュラ
¥307 (2019/05/25 06:13:17時点 Amazon調べ-詳細)

L-システイン

L-システインは、美肌・美容成分として注目されることが多い栄養素ですが、二日酔いにも良いことが最近の研究で分かってきました。

L-システインにはアセドアルデヒドの無毒化を助ける効果があるからです。

アミノ酸の一種で、ブロッコリーやにんにくなどに含まれていますが、食べ物から十分な量を補うのは難しいため、サプリメントを賢く活用しましょう。

また、同じアミノ酸の一種である「メチオニン」を原料に体内で作り出すこともできるので、メチオニンが豊富に含まれる大豆製品や鶏肉、ほうれん草などを食べるのもおすすめです。

ハイチオール
¥1,859 (2019/05/25 06:13:18時点 Amazon調べ-詳細)

オルニチン

オルニチンは、もともと体の中にあるアミノ酸の一種で、肝臓の働きを助け、疲労回復を促す効果があります。

摂取したアルコールは肝臓で分解されるのですが、二日酔いになるときは、肝臓の処理能力を上回る量のアルコールを摂取している証拠です。

当然働きづめの肝臓は疲れています。

そこで、オルニチンを補って肝臓の働きを活性化させることで、肝臓のアルコール分解能力を高め、二日酔いの解消を促すことができるのです。

また、肝臓には摂取した栄養素を体のエネルギーに変えるという働きもあります。

しかし、二日酔いになるとアルコールの分解にかかりきりになり、エネルギーを作り出す力が弱くなってしまうため、だるさや脱力感などが表れやすくなるのです。

しじみなどに含まれるオルニチンは、肝臓の働きを助けてくれるという点でだるさ・脱力感の解消にも効果があります。

協和発酵バイオ
¥1,200 (2019/05/24 20:53:45時点 Amazon調べ-詳細)

BCAA

バリン・ロイシン・イソロイシンという3つのアミノ酸が合わさったものです。

肝機能を改善し、アルコールの代謝を促す働きがあります。

二日酔いの原因・メカニズム

頭痛

二日酔いはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか?

二日酔いの時、私たちの体の中は意外なほどカラカラに乾いています。

脱水症状を起こしかけている、と言っても過言ではないでしょう。

というのも、アルコールには利尿作用があるため、体に必要な水分までも体の外に排出させてしまうからです。

そして、アルコールを肝臓で分解する際に「アセドアルデヒド」という有害な物質が作られます。

このアセトアルデヒドを更に分解して体の外に排出するとき、水分が必要になるのです。

水分が足りていないと、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きが弱まり、アセトアルデヒドが体の外にスムーズに排出されません。

すると、体の中に残ったアセトアルデヒドによって頭痛吐き気胃のむかつきといった不快な症状が表れるのです。

二日酔いにならないためにするべき予防・対策

水を飲む

二日酔いは、アルコールを分解して作られるアセトアルデヒドがスムーズに排出されないことで起こります。

二日酔いを防ぐには1に水分補給、2に食事です。

チェイサーを飲まずにお酒ばかりを飲んだりすると、二日酔いになる危険性が高まりますので注意しましょう。

お酒を飲むときは、お酒と同じ量以上の水を飲むようにすると悪酔い・二日酔いが防げます。

また、お酒を飲む前に枝豆や豆腐といったあっさりとしたおつまみをおなかに入れておくのも効果的です。

タンパク質が豊富な肉や魚、豆類をアルコールと一緒に摂ればアルコールの吸収が穏やかになります。

決して空きっ腹にお酒を飲んだりすることは避けて下さい。

二日酔いになってしまったときの5つの対処法

「対策はしていたはずなのに、それでも二日酔いになってしまった……」

そんな時は、次の5つの方法を試してみましょう。

とにかく水分補給をする

スポーツドリンク

二日酔いを和らげる最も効果的な方法は、水分補給です。

でもスポーツドリンクでも構わないので、積極的に水分補給をしましょう。

しっかり水分補給ができれば、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きが改善し、アセトアルデヒドの排出がスムーズになります。

最も理想的な飲み物は、経口補水液です。

熱中症や風邪の時の脱水症状を改善するために作られた飲み物なので、効率的に水分を補給することができます。

一方で、利尿作用のある緑茶や紅茶などは避けましょう。二日酔いの症状である脱水症状が悪化してしまうことがあります。

胃腸薬などを飲む

吐き気があるとき、胃のむかつきやがあるときは胃腸薬を飲んでみましょう。

胃酸の分泌を抑えてくれるので、少しは症状が軽減されるはずです。

第一三共胃腸薬
¥956 (2019/05/24 20:53:46時点 Amazon調べ-詳細)

カフェインで頭痛を抑える

カフェイン

頭痛がひどいときは、少しだけカフェインを摂取するのもおすすめです。

二日酔いで頭痛がするのは、アセトアルデヒドによって脳の血管が広がっているためです。

そこでカップ1杯のコーヒーや紅茶を飲むと、カフェインの血管収縮作用によって広がっていた血管収縮するため、頭痛が少しはマシになります。

注意
ただし、カフェインには利尿作用があるので、飲みすぎはかえって二日酔いの症状を悪化させてしまう恐れがあります。
飲みすぎには注意しましょう。

サプリメントで栄養を補う

薬を飲むほど不快な症状が強くないときは、サプリメントで不足している栄養素を補い、アセトアルデヒドの代謝を高めるのも効果的です。

二日酔い対策サプリなどが多数市販されていますので、上手に活用してみましょう。

ノ・ミカタ
¥1,560 (2019/05/24 20:53:46時点 Amazon調べ-詳細)
酒豪伝説
¥2,980 (2019/05/25 06:13:18時点 Amazon調べ-詳細)

必要に応じて病院を受診する

水分補給をしても、胃薬を飲んでも、何をしても不快な症状が消えない場合は、我慢せずに病院を受診するのも大切です。

二日酔いで病院を受診する際は、かかりつけの内科が良いでしょう。

点滴などでアセトアルデヒドの分解・排出を促し、脱水症状を和らげる処置が行われます。

まとめ

二日酔いにならないように上手にお酒を飲むのが一番ですが、気を付けていてもなってしまうのが二日酔いです。

二日酔いになった時は、

  • 水分補給をする
  • 胃腸薬を飲む
  • カフェインを摂る
  • サプリメントで栄養を補う
  • 必要に応じて病院を受診する

など症状に合わせて、しっかりとケアをしていきましょう。

また、二日酔いに効果的な食べ物や飲み物に迷ったときは、ぜひこの記事で紹介した食べ物・飲み物を参考にしてみてください。

BoDiSIL編集部