腸内フローラに痩せ菌を増やしマイナス8キロを実現する方法|進化したダイエット成功法則


腸内フローラ

SHARE

BoDiSIL編集部

  • 食事に気を使っている
  • 流行りのダイエットに挑戦している

なのに、全然痩せない・・・なんてこと、ありますよね。

運動をしても食事制限をしても成果が表れにくいのは、体質のせいかも?なんて諦めてしまうことも。

しかし、そんなあなたに朗報です。

腸内フローラを整える(痩せ菌を増やす)ことで今よりダントツにカンタンに痩せることができるのです。

ここでは、日々ダイエットについて研究している当サイト編集部より、腸内フローラについての知識、そして体内に痩せ菌を増やして痩せる、進化したダイエット方法をご紹介します。

腸内フローラに注目している人はたくさんいる

腸内フローラとは!?

腸内フローライメージ

腸の中には、多種多様な腸内細菌が生息しています。

その数はなんと、数百種、600兆個以上です。

その腸内細菌の様子がまるでお花畑のようなので、腸内フローラと呼ばれています。

腸内環境は人によって違います。

  • 食事
  • 生活習慣
  • 年齢
  • 人種

これらの違いによって様々な種類、数の腸内細菌があるので、腸内フローラも人によって異なります。

腸内フローラが整うことで、ダイエット効果だけでなく、美肌効果便秘の解消などが期待されます。

腸内フローラを整えるためには、腸内の善玉菌を増やすこと、悪玉菌が増殖しにくい環境を作ることがポイントです。

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)があり、食事やサプリメントなどでこれらのバランスを整える必要があります。

腸内フローラを整えるために必要なポイント
  • 善玉菌を増やす
  • 悪玉菌が増殖しにくい環境をつくる
  • 善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスを整える

善玉菌の働き

善玉菌は体に良い働きをもたらします。

悪玉菌の侵入を防いだり、お腹の調子を整えてくれたりします。

よく聞く代表的なのは乳酸菌ビフィズス菌です。

健康を維持するためには、善玉菌が優勢な腸内フローラを保つことが大切なのです。

悪玉菌の働き

肥満体質

悪玉菌には「ウェルシュ菌」「病原性大腸菌」「黄色ブドウ球菌」などがあり、体に悪い働きをもたらします。

悪玉菌が増えると便秘や下痢が起こりやすくなり、肥満体質を作り出してしまうことも。

また、悪玉菌が作り出す有害物質の働きで、肌荒れや肩こり、老化にもつながってしまいます。

日和見菌はどちらにも属さない

日和見菌とは、悪玉菌にも善玉菌にも属さない菌のことです。

その時に優勢な菌に味方する作用があるので、腸内のバランスによって善玉菌にも悪玉菌にもなり得ます。

できれば善玉菌を増やして味方にしてほしいわけです。

腸内環境の理想的なバランスとは!?

バランス

腸内フローラの理想的な割合は、善玉菌20%悪玉菌10%日和見菌70%のバランスです。

腸内フローラのバランスは食生活や年齢だけではなく、ストレスや体調など、様々な要因で変化していきます。

腸内フローラが乱れることで起こり得ること
  • 肥満
  • 便秘
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • アレルギー性の疾患
  • 関節リウマチ
  • ガン

このように、あらゆる病気に関係してくるので、腸内フローラを整えることは毎日の生活の中で常に意識しておかなくてはいけません。

腸内フローラとダイエットの関係|痩せ菌とデブ菌が存在する

痩せ菌・デブ菌

痩せ菌とデブ菌、聞いたことはあるけれど、実際はどんなものなのでしょうか。

ここで痩せ菌とデブ菌の特徴を把握しておき、自分自身の生活習慣も一緒に見直してみましょう。

デブ菌の正式名称と働き

デブ菌の正式名称は「ファーミキューテス類」といいます。

この菌は、栄養を吸収するために必要な腸内細菌です。

少なくなってしまうと腸内で栄養を吸収することができなくなってしまうのですが、多くなりすぎると脂肪を必要以上にため込んでしまい、太りやすくなります。

デブ菌、と聞くと悪玉菌に属しているのだろう、と思ってしまいがちですが、実はデブ菌は日和見菌です。

食生活の中で動物性のたんぱく質や脂肪分の多い食事を好んで毎日摂取していると、デブ菌が働きやすくなり、これが悪玉菌である「ウェルシュ菌」の好物となってしまうのです。

痩せ菌は本当にある?

痩せ菌は正式名称を「バクテロイデーテス類」と言います。

この痩せ菌が増えると、

  • 脂肪の吸収を抑制してくれる
  • 脂肪の燃焼を助けてくれる

このような素晴らしい働きをしてくれます。

しかし、多くなりすぎると、必要な脂肪まで燃やされてしまうので、デブ菌も痩せ菌もバランスが大切なのです。

理想のバランスは「デブ菌4割、痩せ菌6割」と言われています。

腸内フローラの痩せ菌を増やす方法

腸内フローラの痩せ菌は、日和見菌なので、善玉菌を増やし、バランスを整えることが大切です。

毎日の生活や食事の中で善玉菌を増やし、痩せ菌を増やしてダイエットを成功させましょう。

短鎖脂肪酸が善玉菌の活動力をアップし痩せ菌をつくる

腸内フローラが善玉菌優勢になると、短鎖脂肪酸が作り出されます。

この短鎖脂肪酸というのは、腸内を適度な酸性に保ち、悪玉菌をおさえて善玉菌を応援してくれます。

善玉菌が優勢になれば痩せ菌も作られやすくなるので、短鎖脂肪酸を増やすためにオリゴ糖食物繊維ビフィズス菌、生きて腸まで届く乳酸菌などを摂るのがおすすめです。

和食は痩せ菌を増やす

和食

痩せ菌は食物繊維が豊富で低脂肪低糖質な食事で増やすことができます。

例えば、

  • 玄米
  • 納豆
  • 野菜を中心としたおかず
  • 豆類を使ったおかず

などの和食です。

毎日の食事を見直し、洋食が多くなりがちの人は少しずつ和食を取り入れてシフトしていきましょう。

また、野菜を使ったマリネや酢の物など、食物繊維と酢を一緒に摂ることもオススメです。

食物繊維と酢を一緒に摂るメリット
  • 腸内の酸性度があがる
  • 善玉菌が増える
  • 善玉菌の活動力がアップする

ストレスをため込まない

ストレス解消

ストレスをためると、どうしても食事の量が多くなったり生活習慣が乱れたりと腸内フローラの乱れる生活環境になってしまいがちです。

適度にストレス解消をして、ため込まないように努力しましょう。

腸内フローラの痩せ菌を増やすオススメダイエットサプリ

毎日の食事や運動で善玉菌を増やして痩せ菌をキープして…と思っても、忙しい毎日を送る現代人にはなかなか難しいですよね。

サプリメントゼリーで簡単に痩せ菌を増やし、健康的な肉体美を目指しましょう。

乳酸菌発酵エキス 善玉元気

善玉元気

食事にも運動にも気を遣っているのに朝からスッキリしない、でもサプリメントは品質が気になる…という日から注目を集めているのが、「乳酸菌発酵エキス 善玉元気」です。

352種類の有用な成分配合、他とは違う吸収力、ゼリータイプで続けやすいのでサプリメントが苦手な人にも安心など、嬉しい特徴がたくさんあります。

乳酸菌エキス 善玉元気の有効成分
  • 生きて腸まで届く、乳酸菌発酵エキス
  • 乳酸菌発酵エキスとは、乳酸菌が体内で代謝する生産物質のこと。
    自分自身の体内の善玉菌をサポートしてくれます。

  • 352種類の有用な成分配合
  • 健康や美容に欠かせない必須アミノ酸やアミノ酸、ビタミンB群、短鎖脂肪酸(善玉菌を助け、体を内側からガードする)、葉酸、大豆サポニン、ステリルグルコシド、Aリノレン酸(オメガ3)などが配合になっており、サポートしてくれます。

  • 35種類のヒト由来の乳酸菌・ビフィズス菌の共棲培養
  • エリート善玉菌という、ヒトの体内の温度でしっかりと働いてくれる乳酸菌を使用しています。エリート善玉菌を戦わせて菌の戦う力を引き上げる培養方法をとっており、特別な特許製法で作られています。

  • 若々しさを保つ5大成分
  • トランスレスベラトロール、アントシアニン、はちみつ(オリゴ糖)、水溶性食物繊維、クエン酸が配合されています。

乳酸菌エキス 善玉元気の口コミ

50代女性

50代 女性 

体の内側からすっきりキレイに!
50歳を過ぎた頃からスッキリできないことが増えましたが、自然にスルンとスムーズになりました。

体の内側からすっきりキレイになっているようで、気持ちが良いです。

30〜40代男性

40代 男性 

「毎日、さえなかったのが朝からスッキリ快調に!」

接待や外食が多く、どんよりで体調管理に不安を感じていた時にNHKの特集で短鎖脂肪酸を知って、辿り着いたのが「善玉元気」でした。
今ではしっかり休息できて、体の中から元気を実感しています。

50~60代以降男性

60代 男性 

エチケットに悩まなくなり、夫婦の仲も深まりました
善玉元気のおかげでエチケットに悩まなくなりました。

「クサイからあまり近づかないで」と言っていた妻と至近距離で会話できるようになり、夫婦の仲も深まりました。

30代女性

30代 女性 

いくつになっても理想のボディをキープ!
体の中からスッキリできているおかげか、日に日に体が軽快になるのを実感。
3ヵ月で目標を達成し、1年経った今でも理想のボディをキープできています。

乳酸菌サプリ 善玉元気の価格を見てみる

121種類の酵素と乳酸菌

121種類の酵素と乳酸菌

痩せ菌を増やしてスッキリとした体質を目指すには、善玉菌の一種でもある乳酸菌を摂り続けること、体の活力をアップさせる酵素の力が必要不可欠です。

しかし、毎日の食事の中で年齢とともに減ってしまう酵素と、生きたまま腸に届く乳酸菌を摂り続けることはとても難しいですよね。

そんな時に重宝するのが121種類の酵素と乳酸菌サプリです。

121種類の酵素と乳酸菌サプリは、酵素と乳酸菌が効果的に摂れるだけではなく、そのバランスまで整えてくれるところが注目を集めています。

121種類の酵素と乳酸菌の有効成分
  • スマート乳酸菌
  • 乳酸菌の中には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がありますが、生きたまま腸に届く善玉菌なのは植物性乳酸菌で、日本人に合うと言われています。

    この植物性乳酸菌の中でも「スマート乳酸菌」は、カテキンの吸収を促進し善玉菌にアプローチしてくれ、体の調子を整えます。

  • 121種の植物発酵エキス
  • 酵素は、消化や燃焼を助ける働きを持っていると言われており、ダイエットには欠かせないのですが年齢とともに減ってしまいます。

    酵素の原料は野菜や果物、穀物などですが、毎日の食事で摂りにくいそれらの成分をギュッと凝縮しています。

    野草57種類、野菜35種類、果物24種類、海藻5種類が配合されており、ダイエットを積極的にサポートしてくれます。

  • 大豆食物繊維と5種類のオリゴ糖
  • 遺伝子組み換えではない大豆は乳酸菌と相性が抜群ですし、「ラフィノース糖」「キシロオリゴ糖」「フラクトオリゴ糖」「イソマルオリゴ糖」「ガラクトオリゴ糖」は善玉菌のエサになって増やしてくれます。

    5種のオリゴ糖はスマート乳酸菌を強化してくれる働きも。

121種類の酵素と乳酸菌の口コミ

20代女性

20代 女性 

ぽっこりに悩んでいて、いろいろ試してもあまり実感がなく、これで最後にしようと購入しました。

飲んだ翌朝、こんなに溜め込んでいたんだとビックリ!

スカートも緩くなってきて、実感力が違うと思いました。

30代女性

30代 女性 

溜めやすいので市販の薬に頼りがちだったけど、やっぱり負担が大きくて…もっとやさしいものがいいと思っていた時に出会いました。

もっと早く出会いたかった!と使ってみて感じました。

20代女性2

20代 女性 

彼氏に体型をからかわれたのが悔しくて購入(笑)

食生活は乱れてたけど、溜め込んでいる自覚がなかったから、飲んでみて朝びっくりしました。

この調子で彼氏を見返してやろうと思います♪

121種類の酵素と乳酸菌の価格を見てみる

腸内フローラの痩せ菌を増やせばダイエットは今より簡単に

腸内フローラのバランスを整えて、痩せ菌を増やすことでダイエットはもっと簡単になります。

現在は食事だけでなく、サプリメントで気軽に痩せ菌を増やすことができますので、今までダイエットに成功したことがなかった人も、挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、腸内フローラが乱れたままだと、生活習慣病など、思わぬ病気につながることもあります。

食事や生活習慣、サプリメントを取り入れながら、腸内フローラを整え、痩せ菌を増やし、スッキリボディを目指していきましょう。

BoDiSIL編集部

本記事のポイントをおさらい
  • 善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%が理想的なバランス
  • 痩せるにはデブ菌4割、痩せ菌6割が理想
  • 和食中心の食事は痩せ菌を増やす
  • サプリメントも活用する