中年太りが止まらない!原因と解消法をすべて公開|女性も男性も中年太りに歯止めをかける方法


中年太り

SHARE

BoDiSIL編集部

年齢を重ねるにつれ、

  • 「太りやすくなった」
  • 「痩せにくくなった」

こういった悩みは必ずと言っていいほど出てきますよね。

アラフォー、アラヒフ世代ではこの中年太りを気にしている人も多いのではないでしょうか。
中年太りで一番怖いのは、放っておくと「生活習慣病」にかかるリスクが高まることです。
しかし、中年太りのメカニズムを理解し、適切にアプローチしていくことで、中年太りは解消し、生活習慣病のリスクも大幅に下げることができます。

本記事では、長年ダイエットの研究に勤しんでいる当サイト編集部より、止まらない中年太りに歯止めをかける方法をシェアいたします。

中年太りが止まらない人たちのリアルな声

中年太りが止まらない!原因は?

ポッコリお腹

  • 「若い時はスリムだったのに、40代に入ってからどんどんおなかが出てきた」
  • 「ある程度の中年太りは仕方がないよね・・」

そんなことを思っていませんか?

年齢を重ねると、何もしなくても消費されるカロリー(基礎代謝)の量が減って、太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

中年太りは、白髪や老眼と同じように老化現象の一つです。

中年太りはある程度仕方がないものではありますが、放っておくのは厳禁です。

中年太りを放っておくと、生活習慣病にかかるリスクが高くなってしまうので、「最近太りやすくなったな」と思ったら意識して中年太り解消に努めましょう。

中年太りとホルモンの関係

女性の場合、中年太りの背景にはホルモンバランスの変化があることも珍しくありません。

女性は更年期になると、女性ホルモンの量が急激に減少します。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が減少すると、満腹感を感じにくくなり、ついつい食べ過ぎてしまうことが多くなります。

すると、基礎代謝の低下も合わさって、カロリー過多の状態が続き、太ってしまうのです。

基礎代謝をしっかりと上げたい方はこの記事がオススメです。

中年太りを解消するための3つのポイント

では、中年太りを解消するためには、どうすれば良いのでしょうか?

中年太りの場合、厄介なことに中年以前の肥満に比べてダイエットを行っても効果が出にくいという特徴があります。

繰り返しになりますがだからといって放っておくのはダメです。

健康的な生活を送るためにも、無理のない範囲で生活習慣を改善していきましょう。

知っていますか?1日の必要カロリー

カロリー

中年と言われる40代以降はあなたが想像しているより摂取カロリーは少ないです。

どんな人でも、消費カロリーより摂取カロリーのほうが多くなると太ります。

そこで、自分の体が必要としているカロリーの量を把握し、カロリー過多を防ぐことが重要になります。

30代以降の1日に必要なカロリーの目安は以下の通り。

年齢男性女性
身体活動レベル身体活動レベル
低い普通高い低い普通高い
18~29歳225026503000170019502250
30~49歳230026503050175020002300
50~69歳210024502800165019502200
70歳以上185022002500145017002000
引用元:日本人の食事摂取基準2010年版

1日に必要なカロリーは、年齢や性別、妊娠の有無、活動量によって異なるので一概には言えませんが、一般的に中年と呼ばれ、活動量が普通の30~50代の女性であれば約2000kcal男性であれば約2500kcal程度です。

2000kcalがどれくらいかといいますと、

  • 朝食 鮭定食 587kcal
  • 昼食 ざるそば1人前 332kcal
  • 夕飯 鶏もも一枚揚げ定食 1239kcal

これで2158kcalです。

ここに間食でスイーツやお菓子、夜にお酒などが入ると、たちまち3000kcalを超えてきますのでやはりそれなりに節制する必要があります。

基本は摂取カロリーを抑えることから

バランスの良い食事

1日に必要なカロリーの量を把握したら、今度は実際に摂取するカロリーの量を調整してみましょう。

太るということは、消費するカロリーよりも食事から摂取するカロリーが多い状態が続いているということにほかなりません。

食事は腹八分目を心がけ、「もう少し食べたいなぁ」というところでストップしましょう。

「満腹でもう何も入らない」というほど食べてはいけません。

肉や魚・野菜・大豆製品・海藻・キノコ類・炭水化物をバランス良く食べるのも大切です。

一汁三菜の献立を意識しましょう。

食生活を本気で正して脂肪燃焼したい方は、この記事もオススメです。

中年太りが止まらないあなたへ。中年太り解消には糖質制限が有効

もし、上手にカロリーコントロールができない場合は、糖質制限をするのも一つの方法です。

糖質制限をすると、食後の血糖値が急激に高くなるのが抑えられるため、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌も穏やかになります。

インスリンには、消費しきれなかった糖を脂肪として蓄えさせる働きがあるので、肥満解消には血糖値とインスリンをコントロールすることが有効です。

最近は糖質制限ブームで、糖質制限に関する様々な情報が溢れています。

それらを目にすると「自分でも簡単に糖質制限ができそうだ」と思うかもしれませんが、自己流でハードな糖質制限を行うのはやめましょう。

糖質制限は、もともと医師が考案した食事療法の一つです。

素人が中途半端な知識で行うと、かえって体調を崩してしまうおそれがあります。

しかし、

  • いつも食べている白米を「玄米や雑穀米」に変える
  • ごはん普通盛りを「少な目」に変える

といった軽い糖質制限であれば、無理なくできるのでオススメです。

厳しい糖質制限は慣れていない人はストレスもたまるので毎日継続することは容易ではありません。

まずは軽い気持ちで始められる糖質制限から開始し、必要に応じて栄養士や医師のアドバイスも受けながら、自分の体に合った糖質制限を行っていきましょう。

糖質制限に興味のある方は1日だけファスティングにチャレンジしてみるのオススメですよ。

活動量を増やす

運動

肥満解消には運動も欠かせません。

あなたは、普段運動する習慣がありますか?

もし運動する習慣が無いのであれば、近所の散歩などからでも良いので、積極的に体を動かす習慣を身に付けましょう。

オススメはダイエット体操です。

運動嫌いのあなたでも続けられるので一度実践してみて下さい。

4分ダイエット体操!運動嫌いな50代でもみるみる脂肪が落ちて筋肉がつく!


運動が割と好きなほうなら下記の記事もオススメです。

中年太り解消の決め手、「血糖値コントロール」にオススメの補助食品

サプリメント

中年太り解消には、食事の見直しと運動が欠かせません。

とはいっても、それを毎日欠かさず実行するのは難しいものですよね?

中でも、炭水化物を控えめにして血糖値をコントロールするのは、専門知識が無いと簡単にはできないと思います。

しかし、血糖値をコントロールしてインスリンの分泌を穏やかにすることは、太りにくい体を手に入れるためにはもちろん、生活習慣病などを防ぐためにも効果的です。

最近は血糖値コントロールをサポートしてくれる補助食品も市販されているので、利用してみるのも良いでしょう。

食後血糖値の上昇を抑制するサプリ コタラエキス粒

コタラエキス粒

「コタラエキス粒」は、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれるサプリメントです。

注目の成分は「ネオコタラノール」で、この成分はコタラヒムブツという植物に含まれています。

ネオコタラノールには食後の血糖値の上昇を緩やかにする働きがあり、それが長く持続するという特徴があります。

「コタラエキス粒」は、そんなネオコタラノールを1日4粒で手軽に補うことができるサプリメントです。

コタラエキス粒の口コミ

60代以降男性

70代 男性 

良い調子が続いているのでやめられません。

以前は仕事の付き合いで暴飲暴食ばかりだったから数値が高くなってしまって。
炭水化物を減らしたりしたんですがなかなか続かなくて、ネオコタラノールをはじめました。

いい調子がずっと続いています。72歳と言ったらみんなに驚かれます。趣味の畑も楽しくじっとしていられません。

私を見て家内も飲み始めました。飲みやすいみたいです。

私が良く食べるので料理上手な家内がたくさんおかずを作ってくれます。
食後の数値も安定しているみたいだからコタラが効いているのかなって思います。

60代女性

80代 女性 

2ヶ月に1度血液検査をしているのですが、嬉しくて嬉しくて。頑張る気持ちがでてきました。

コタラエキス粒の価格を見てみる

ベジファス/清田産業株式会社

ベジファス

「ベジファス」は、食事の前に食べることで、食後に血糖値や中性脂肪が上昇するのを防いでくれる補助食品です。

シークヮーサーとレモン酢を合わせたフルーティーな味わいで誰でも食べやすく、ゼリータイプなので水が無くても手軽に食べることができます。

おなかの調子を整える水溶性食物繊維のほかに、難消化性デキストリン、80種類の素材を発酵させた発酵エキスが含まれています。

ベジファスの口コミ

30代女性

30代 女性 

美味しいだけでなく、しっかりと効果を実感できる!
柑橘系のさわやかな酸味があり、しつこい甘さが残らないので食事の味も邪魔しません。
私は脂っこいものが多くなってしまう夕飯前に食べています。
食事制限はせず、いつも通りの食事を続けていましたが、朝体重計に乗ると少しではありますが、体重が減っていて数字で効果を見ることができたのでモチベーションが上がりました。
美味しいだけでなくしっかりと効果を実感できるので毎日楽しく続けられます。

30代女性2

30代 女性 

ドカ食いしてしまう食事の量が明らかに減りました。
野菜があまり好きではないため、ベジタブルファーストを実践できずにいました。
でもベジファスなら食前に美味しいゼリーを1本食べるだけで簡単に実践できて、食事量もいつもより少ない量で満足できるようになるんです!
正直半信半疑でしたがコレはスゴイ!オススメです。
いつも夕飯後に食べていたスイーツも我慢できるようになってきました。
食前にたった1本の美味しいゼリーを食べるだけで、こんなに変わるとは正直思わなかったのでビックリしました。

20代女性

20代 女性 

翌日の体重増加が違う!しかもおいしいから続けられる!

糖質制限をしていますが、ベジタブルファーストは野菜も高いので実践できていなくてベジファスを夕飯前に使用しました。
翌日の体重増加がいつもより少ない感じがしました。
味は柑橘系のさわやかな味で、食べやすくておいしいので安心して使用できました。

ベジファスの価格を見てみる

しあわせ減糖茶

しあわせ減糖茶

「しあわせ減糖茶」は、ゴーヤ、サラシア、桑の葉、バナバ、アイスプラントなどをブレンドした飲みやすいお茶タイプの補助食品です。

ジュースや水の代わりに飲むことで、血糖値のコントロールをサポートしてくれます。

健康茶と聞くと、クセが強く飲みにくいものというイメージが強いですが、「しあわせ減糖茶」は独自製法で作られているためクセが少なく、誰でも美味しく飲むことができるのではないでしょうか。

しあわせ減糖茶の口コミ

60代以降男性

60代 男性 

味は濃いお茶の感じで、香りが良く飲み易いです。飲むことで、体がスッキリできている様な印象があり、健康が継続できる気がしました!続けたいと思います。

50代女性

50代 女性 

まだ一週間くらい飲んだだけなのに、体が軽くなった様に感じます。これからも続けていきたいと思います。

40代女性2

40代 女性 

グラシトールとしあわせ減糖茶を一緒に飲む様になると、朝のだるさがなく、すっきり起きれる様になって、体が軽く感じる様になりました。しあわせ減糖茶はくさみも渋さもなく、さっぱりと飲めます。特にのどが渇いた時、甘いものを食べて口の中が甘くなった時などは特においしいです。

しあわせ減糖茶の価格を見てみる

グラシトール

グラシトール

「グラシトール」は、アイスプラントに含まれる「ピニトール」を配合したサプリメントです。

ピニトールはマメ科の植物に含まれる成分で、血液中の糖バランスを整えるサポートをしてくれます。

食材からピニトールを十分な量を摂取しようと思うと

  • 豆乳なら約800ml
  • ルイボスティーなら約100杯
  • 大豆なら約500粒
と膨大な量が必要になります。

しかし「グラシトール」なら、1日たったの6粒で必要な量を手軽に補うことができるのです。

「グラシトール」には、ピニトールのほかに、ダイエット中に不足しやすいビタミンB1・ビタミンB2、亜鉛なども配合されています。

グラシトールの口コミ

30〜40代男性

40代 男性 香川県 

いろいろ調べてから、ものはためしと思い、1ヶ月コースでグラシトールを試してみました。
今では生活がスッキリした感じがしています。
グラシトールをこれから続けていきたいと思います。

40代女性

40代 女性 北海道 

炭水化物を多く食べると、イライラしたり気持ちが沈みこんでしまうので、糖質制限食に切り替えたら体は調子が良くなるのですがストレスがたまります。
グラシトールは糖質制限をしている方にもおすすめだと思います!

60代以降男性

60代 男性 埼玉県 

今までいろいろなサプリを飲んできましたがぐっとくるものがなく、困っておりました。

そんなときにグラシトールを飲み始めたのですが、調子もよくて気に入っています。このまま飲み続けてみようと思います。

グラシトールの価格を見る

中年太りが止まらないあなたが中年太りを解消して健康になるためには

今日までのあなたは、「中年太りは年齢のせいだから仕方がない」とあきらめていたかもしれません。

しかし、中年太りは、放っておいても良いことなど一つもありません。

手遅れになる前に一度本腰を入れましょう。

食事を見直し、運動習慣を身につけて中年太りを解消しましょう。

中年太りの解消には、食後の血糖値をコントロールするのが効果的です。

ゆるい糖質制限や血糖コントロール補助食品の利用などを通じて血液中の糖分バランスをコントロールし、効率的にダイエットを進めましょう。

BoDiSIL編集部

本記事のポイントをおさらい
  • 中年太りは生活習慣病のリスクが高まる
  • 活動量を増やし、カロリーを消費する。
  • ダイエット体操がオススメ。
  • 血糖値コントロールが大事。軽い糖質制限をしてみる。

血糖値コントロールをしたい方にオススメの記事一覧