PMS(月経前症候群)の症状まとめ|チェックの仕方、対策と治療方法は?


PMS
大見貴秀

医師

大見貴秀 先生 監修

SHARE

BoDiSIL編集部

「生理前に気分が落ち込む」

「生理前は体調がすぐれない」

もし生理前に気分や体調が悪化するであれば、それはPMS(月経前症候群)かもしれません。

本記事では、医師の大見貴秀先生監修のもと、閉経前の多くの女性が悩む、生理前の体調、心の変化についてまとめ、少しでも穏やかに過ごせるような方法を掲示させていただきました。

デリケートになりがちな生理前の時期を心身ともに軽やかに過ごすため、まずはPMS(月経前症候群)とはどんなものなのかをおさらいしていきましょう。

監修ドクター

大見 貴秀医師

大見 貴秀 おおみ たかひで


専門分野:手術麻酔
所持資格:麻酔科標榜医、麻酔科認定医、サプリメントアドバイザー
所属学会:日本麻酔科学会員、日本抗加齢医学(アンチエイジング)学会
その他株式会社DoctorsWorks 代表取締役社長

PMSの症状で悩んでいるのはあなただけではない

生理前の体調不良はPMSかも!?

女性であれば誰しも一度は生理前に体調を崩したことがあるのではないでしょうか?

  • わけもなくイライラしてする
  • 食欲が増してドカ食いをしてしまう
  • 腹痛や頭痛がおきる

生理前にこんな体調不良や心の変化に見舞われる人は、意外と多いものです。

ではあなたは、そんな生理前の体調不良を誰かに相談したことはありますか?

生理の悩みはデリケートなので、なかなか他人に相談しにくいのが現実です。

また、生理の悩みは個人差が大きいので、他人と自分の生理を比較するということも無いのではないでしょうか。

しかし、生理前の体調不良が気になっているのであれば、早めに婦人科で相談するようにしましょう。

生理前の体調不良は、PMSという病気かもしれません。

PMSってどんな病気?症状は?

PMS

最近は婦人科のクリニックに小冊子が置いてあったりすることもあり、「PMS」という言葉をどこかで見聞きしたことがあるという人も多いと思います。

では、PMSとはどんな病気なのでしょうか?

私たち女性の体は、約1か月周期でホルモンのバランスが変化します。

PMSには、このホルモンバランスの変化が大きく関係しているのです。

排卵を境に、私たちの体は「黄体期」という期間に入ります。

黄体期には女性らしさを作るホルモンである「エストロゲン」と、妊娠を助けるホルモンである「プロゲステロン」の量が急激に変化するため、様々な症状があらわれやすくなるのです。

PMSによってあらわれることのある症状は200以上ともいわれ、その症状の出方は人によってさまざまです。

そのため、友達や家族に相談してもちっとも参考になるアドバイスが得られないということもあります。

「もしかしてPMSかも……?」と思ったら、次のチェックリストを使ってチェックしてみましょう。

次のリストに挙げているのは代表的なPMSの症状です。

PMSによる体の症状
  • むくむ
  • 乳房が張る(人によっては痛みが出ることもある)
  • 甘いものが欲しくなる
  • 肌が荒れる
  • だるさを感じる
  • いくら寝ても眠い
  • 頭が痛くなる
  • おなかが痛くなる
PMSによる心の症状
  • わけもなく悲しくなる
  • 些細なことで落ち込みやすくなる
  • イライラして怒りっぽくなる
  • 眠れなくなる
  • 不安になる
  • 無気力になる
  • 衝動が抑えられなくなる
  • 八つ当たりをしてしまう
  • 過食しがちになる
  • 攻撃的になる

PMSの症状の出方は人それぞれ

PMSの症状は、主なものだけでもこれだけの数に上ります。

その症状の出方は人それぞれなので、「こういう症状があればPMS」と言い切ることはできません。

人によっては他人を傷つけたり、自分を傷つけたり、トラブルに巻き込まれてしまったり、日常生活に支障が出たりすることがあるので、他人と比べて「自分はまだマシだ」と楽観視するのは止めましょう。

自分が辛い場合は我慢をせず対策を行うことが重要です。

PMSの対策、治療に大切なこと

「PMSかもしれないなぁ」と思ったら、どうすれば良いのでしょうか?

生理の悩みはデリケートなので、なかなか気軽に相談しにくいですよね。

また、生理に伴う不快な症状は個人差が大きいので、相談した相手によっては「そんなの気のせいだよ」とか「私の方がもっとひどいよ」などと言われてしまうこともあります。

もし日常生活に支障が出ていたり、自分も周りの人も辛い思いをしたりしているのなら、できるだけ早くPMS対策を行いましょう。

我慢せず医師に相談しよう

ピル

まず一番にすべきことは、婦人科の医師への相談です。

「これぐらいで受診するなんて……」「恥ずかしい……」といった気持ちは捨てて、できるだけ早く医師に相談しましょう。

婦人科では個人の症状に合わせて様々な治療が行われます。

代表的な治療法は「低用量ピル」を使った治療法です。

ピルを使ってホルモンのバランスを調整することで、PMSの症状を和らげます。

また、気分面の症状が強く出る人には、抑うつ剤精神安定剤が処方されることもあります。

漢方を得意としている先生であれば漢方薬が処方されることもあるので、一度どんな治療が受けられるか医師に相談してみましょう。

薬を飲むことで急激なホルモンバランスの変化がマイルドになり、症状がラクになることも珍しくありません。

他人と比べてマシだとか、自分はまだ我慢できるなどと思わず、少しでもつらいと思ったら勇気を出して医師に相談しましょう。

PMSの症状を抑えるにはストレス解消が大事

涙

普段強いストレスを受けている人ほど、PMSの症状が出やすいといわれています。

ストレスを完全になくすことは難しいですが、なるべくストレスを溜め込まない生活を心がけましょう。

特に次のような性格の人は、そうでない人よりも人一倍ストレス発散を心がけてください。

  • 真面目である
  • 几帳面である
  • 心配性である
  • 完璧主義
  • なんでも我慢しがち
  • 自分に厳しい
  • 負けず嫌い

こういったタイプの人は、そうでない人に比べてストレスを溜め込みやすいことがわかっています。

たまにはカラオケなどで大声を出したり、体を動かしたりして積極的にストレスを発散しましょう。

ストレス発散には「涙活(るいかつ)」も良いとされています。

涙活
涙活(るいかつ)とは意識的に泣くことでストレス解消を図る活動のことである。寺井広樹によって考案、提唱された言葉である。 涙を流すことにより、人間の自律神経は緊張や興奮を促す交感神経が優位な状態から、リラックスや安静を促す副交感神経が優位な状態に切り替わる。涙活は、この仕組みを利用したストレス解消法とされている。 ストレス解消に効果があるのは、悲しみや感動などによる情動の涙。なお目を潤すための基礎分泌の涙や、タマネギを切った際に出る角膜保護の涙には、ストレス解消効果はない。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/涙活

このように、涙にはストレス物質の排出を助ける働きがあるので、感動的な映画などを見て思いきり泣くのもおすすめです。

PMSの改善に大事な栄養素

ビタミン

あなたは、普段食事のバランスに気を配っていますか?

もし食生活が乱れているようなら、食生活の改善にも取り組みましょう。

PMSの症状に、ビタミンミネラルの不足が関係しているのではないかといわれています。

積極的に野菜や果物、海藻類などを食べて、ビタミンやミネラルを補うようにしましょう。

また、お酒やたばこ、甘いものなどの嗜好品を好む人もPMSの症状が出やすくなる可能性があります。

お酒やたばこ、甘いものは普段から量を控え、健康的な食生活を送るよう心がけましょう。

もし忙しくてなかなかバランスの良い食事が摂れないのであれば、サプリメントなどを利用して不足しがちな栄養素を補うのも効果的です。

Dr’sピクノジェールは医師監修の下、開発されたココロとカラダにアプローチする「ピクノジェール」「チェストツリー」を主成分としたサプリメントです。

口コミでは「もっと早く知りたかった「手放せなくなりそう」と人気です。

自然派の成分が中心のサプリメントなので、通院と共にこちらを服用してみるのもいいでしょう。

医師監修の下で開発されたサプリメント Dr’sピクノジェール

PMS対策に我慢は禁物

生理の悩みはデリケートで、人に相談しにくいものですよね。

また個人差も大きいので、他人のアドバイスや経験談が参考にならないこともあります。

生理に伴うトラブルは、悩んでいても解決しません。

勇気を出して婦人科を受診し、必要な治療を受けましょう。

生理は、健康な女性であれば毎月あるものです。

そして、それは閉経するまでずっと続きます。

毎月生理のたびに体調を崩していては、生活の質が低下してしまいますよね。

生理でないときはもちろん、生理中や生理前も健やかに朗らかに生活するためにも、我慢をせず専門の医師に相談しましょう。

なお、相談するときは、メモ書きでも良いので気分や体調の変化の記録を持って行くと診察がスムーズです。

BoDiSIL編集部

本記事のポイントをおさらい
  • PMSは我慢してはいけない
  • PMSは病気の一つという自覚を持ち、婦人科を受診する
  • 涙活(るいかつ)をしてストレス解消を
  • ビタミンやミネラルを積極的に摂る
  • 病院に行くときは気分や体調の変化の記録をメモしておく