【即効】垂れた胸を引き上げハリを取り戻す3つのエクササイズ&ストレッチ


垂れた胸を引き上げる

SHARE

BoDiSIL編集部

  • 「最近ボディラインが崩れてきた」
  • 「胸が垂れてきた気がする」

このように、年齢を重ねるにつれ、胸が垂れてハリがなくなってきたと悩む女性は多いです。

女性にとっては深刻な悩みですよね。

垂れた胸は、そう簡単に上向いてはくれません。

しかし、諦めるのはまだ早いです。

ここでは、垂れた胸を引き上げて、ハリを取り戻すために効果的な3つのエクササイズとストレッチをご紹介します。

胸が垂れてきたと悩んでいる人はあなただけではない


https://twitter.com/nanansya/status/932094561811177472


胸(バスト)が垂れてしまう原因

胸が垂れる

普段はブラジャーを着けているためそれほど目立ちませんが、一度ブラジャーを外すと意外と自分の胸が垂れていることに気づく人は少なくありません。

胸が垂れていると、どうしても老けて見られやすくなってしまいます。

女性ならいつまでも若々しく見られたいはずですので、垂れた胸を改善するためにまずは行動を起こしてみましょう。

胸が垂れてしまう原因は主に次の5つです。

クーパー靭帯の伸び

激しいスポーツ

女性の乳房は、網の目のように張り巡らされた「クーパー靭帯」という組織で支えられています。

ある程度までならクーパー靭帯は伸び縮みするのですが、強い力で引っ張られすぎると、伸びたまま戻らなくなってしまいます。

あるいは切れてしまうこともあります。

普段激しい運動をする人は、クーパー靭帯が強い力で引っ張られやすいので注意が必要です。

クーパー靭帯が伸びたまま元に戻らなくなったり、切れてしまったりすると、バストを支える力が弱くなり胸が垂れてしまうのです。

ホルモンバランスの変化

女性は、男性と違って毎月の生理妊娠出産閉経などでホルモンバランスが大きく変化しやすいものです。

年齢を重ねたことによる変化や生活習慣の乱れなどで、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の分泌が少なくなると、バストのハリが失われて胸が垂れてしまいます。

バストサイズの変化

バストサイズの変化

バストサイズの急激な変化も胸が垂れる原因です。

特に出産後の女性は、急激にバストサイズが変化するためクーパー靭帯とバストの皮膚が伸び、胸が垂れたように感じることが多いとされています。

また、体重の増減によるバストサイズの変化も、胸が垂れる原因です。

猫背

あなたは普段猫背ではありませんか?

猫背になると胸周りの血流が悪くなり、バストに十分な栄養が届きにくくなります。

すると、ハリが失われて垂れてしまう原因の一つとなります。

間違った下着の付け方

ブラレット

普段、下記のようなブラジャーを付けている人は要注意です。

  • サイズの合っていないブラジャー
  • ノンワイヤーのブラジャー
  • カップ付きインナー

これらの下着もまた、胸が垂れてしまう大きな原因になります。

これらはサイズが合っているワイヤー入りのブラジャーに比べてホールド力が強くありません。

結果としてバストの肉が他の部分に流れ、胸が垂れやすくなってしまうのです。

また、体にフィットするブラジャーでも、朝から夜までずっと着けっぱなしというのはおすすめしません。

体を動かせば下着はズレます。

そのズレを放っておくとバストを圧迫してしまったり、しっかりと支えることができなくなってしまうので、1日に数回はブラジャーの中に手を入れ、バストの位置を調整するようにしましょう。

垂れた胸を引き上げることはできる?

「一度垂れてしまった胸はどうすることもできない」

などと言われることもありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

結論から言うと、「不可能ではないが、とても難しい」です。

なので、「胸を引き上げる」のではなく「これ以上垂れないようにする」という考えで工夫してみましょう。

運動の時はスポーツブラを着ける

スポーツブラ

普段ジムなどに通っている人は、運動時はスポーツブラなど専用のブラを使うようにしましょう。

スポーツブラの中には、衝撃を吸収して胸が揺れないようする機能が付いたタイプもあります。

このスポーツブラは激しい動きでクーパー靭帯が強く引っ張られるのを防いでくれるので、クーパー靭帯の伸びや切れから胸が垂れてしまうのを防いでくれるのでオススメです。

姿勢を良くする

普段猫背の人は、意識して姿勢を良くしましょう。

胸を張って背筋を伸ばしてください。

猫背は、垂れ胸だけでなく肩こりや腰痛といった体の不調の原因にもなります。

普段から姿勢に意識を向けてみてください。

体を冷やさないようにする

体が冷えると血行が悪くなり、栄養や酸素が行き届かなくなります。

普段冷え性の人はもちろん、そうでない人も、できるだけ体を冷やさないようにしましょう。

冷たいものの飲みすぎ・食べ過ぎには気を付けて、できるだけ室温・常温より温かいものを口にするよう心がけてください。

少し体が冷えてしまったなという時は、軽くマッサージやストレッチをしたりするのも効果的です。

授乳は左右バランスよく行う

授乳

授乳中のお母さんは、左右バランスよく授乳を行うようにしましょう。

右側だけ、あるいは左側だけから授乳していると、母乳の出やすい方の胸ばかり大きくなり、逆の胸は小さくなっていってしまいます。

大きい方はそうでないほうに比べて垂れやすくなってしまうので、左右均等に授乳を行うようにしてください。

また、出産前とは下着のサイズが変わっていることがあります。

一度下着メーカーのスタッフさんにサイズを計測してもらうなどして、今の自分に合ったサイズの下着を着けるようにしましょう。

垂れ胸改善に効果的な3つのエクササイズ・ストレッチ

次にご紹介する3つのエクササイズとストレッチは、自宅で簡単にできるものばかりですので、ぜひ試してみてください。

バストアップエクササイズ

「バストアップエクササイズ」は、二の腕と大胸筋(胸の筋肉)を引き締めるエクササイズです。

行う際は、ヨガマットなどを敷いて行うと滑りにくくなるので安全です。

呼吸を止めないように注意し、二の腕と胸を意識して行ってください。

    バストアップエクササイズのやり方
  • STEP.1
    肩幅より少し外側に手をついて、四つん這いになります。

  • STEP.2
    息を吸い、吐く息で肘を後ろに引いて上体を床に近づけます。
  • STEP.3
    息を吸いながら上体をもとに戻しましょう。
  • STEP.4
    2と3の動作を15回繰り返してください。
  • STEP.5
    15回1セットとして、1日3セットを目安に行いましょう。

大胸筋マッサージ

「大胸筋マッサージ」は、胸の筋肉に刺激を与えて鍛えることで、これ以上胸が垂れないようにするマッサージです。

大きな動きではないので、隙間時間に座ったまま行うことができます。

仕事や家事の合間に行ってみると良いでしょう。

    大胸筋マッサージのやり方
  • STEP.1
    背筋を伸ばし、顔の前で両手のひらを合わせます。この時、ひじは真横にしっかりと引いて肩の高さまで上げましょう。

  • STEP.2
    両手のひらに力を入れて押し合います。10秒程度キープしてください。この時、呼吸は止めないようにしましょう。
  • STEP.3
    力を抜きます。
  • STEP.4
    2と3の動作を1日10回程度行ってください。

バストアップストレッチ

「バストアップストレッチ」は、大胸筋をはじめとした胸の筋肉と腕の筋肉を刺激するストレッチです。

筋肉の心地よい伸びを感じながら行ってみましょう。

    バストアップストレッチのやり方
  • STEP.1
    胸を張り、両腕をガッツポーズのように曲げます。

  • STEP.2
    肩甲骨を寄せるイメージで、ひじを後ろに引きます。
  • STEP.3
    肩甲骨と胸の筋肉を意識しながら、ゆっくりと腕を前に持ってきます。
  • STEP.4
    2と3の動作を5回繰り返しましょう。
  • STEP.5
    後ろで手を組み、肩を下げて腕を伸ばします。肩甲骨を寄せるイメージで、5秒程度キープしましょう。
  • STEP.6
    前で手を組んで、おへそを覗き込むようにして背中を伸ばします。組んだ手を遠くに伸ばすようなイメージで行いましょう。

垂れた胸にオススメのケア商品

ラ・シュシュ

ラ・シュシュ

「ラ・シュシュ」は、注目の新成分を配合したバストケアクリームです。

「ボルフィリン」が配合されているため、お風呂上りに塗りこむだけで簡単にバストケアができます。

肌のハリと弾力をサポートしてくれるクリームなので、ホルモンバランスに作用してバストアップさせるサプリメントと違い比較的安全なのもポイントです。

柔らかいテクスチャーのクリームは伸びが良く、塗った後もベタつきません。

ラ・シュシュの有効成分
  • ボルフィリン
  • 塗り込むだけで効果が得られる話題のバストケア成分です。

  • セサフラッシュ
  • フランスで生まれたゴマ由来の成分です。ハリとツヤがある滑らかな肌へと導いてくれます。

  • シンエイク
  • べビ毒の研究を通じて生まれた人工成分です。保湿効果、ハリ・弾力アップ効果に優れています。

  • アスタキサンチン
  • アンチエイジングに効果があるとされる成分です。ハリと潤いをキープして肌を若々しく保つのを助けてくれます。

  • オシリフト
  • カラスムギから取れるハリ・弾力サポート成分です。

  • 11種類の美容成分
  • チガヤ根エキス、ポリリフト、ポップ花エキス、加水分解酵母、アセルチルデカペプチド-3、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、金、銀

ラ・シュシュの口コミ

20代女性1

20代女性 宮城 

使用を開始してから、約1週間がたちました。少しハリが出てきた感じがします。もうすぐ三十路、出産の経験もなし、太りやすいタイプなんです。 他の商品とは「何かが」明らかに違うので、この先が楽しみです。

30代女性1

30代女性 京都 

Acupなかったのに! もうこれだけでびっくりしちゃって、ラシュシュを友人にもすすめまくりましたw

20代女性2

20代女性 静岡 

色んなクリーム試しましたが1番です!
朝と夜頑張って塗ってますが一週間くらいで
少しハリが出てきたような気がします!
買って正解でした٩(ˊᗜˋ*)و
ナイトブラと併用してます!

40代女性1

40代女性 奈良 

子供を産んでからすっかり胸が小さくなってしまいました。主人からラシュシュをプレゼントされて、半信半疑で使ってみたら、一週間くらいでハリが出てきたような気がします。 主人からも「本当によかったね」と言われました。私よりも主人の方が喜んでくれたことがとっても嬉しかったです。

30代女性2

30代女性 福岡 

以前使用していたのですが、結構お値段が高いのでちょっと休んでいたら、バストのハリが段々なくなってしまい…。 毎日塗って、マッサージを続けていたら徐々に肌にハリが戻ってきた感じがします!これ、本当にいいと思います。

ラ・シュシュの価格を見てみる

まとめ

「胸が垂れるのはどうしようもない」

「年齢のせいだからあきらめるしかない」

と思っている女性は決して少なくありません。

しかし、毎日の生活の中で少し工夫をするだけで、劇的に垂れ胸を改善することはできなくても、これ以上垂れないようにすることはできます。

エクササイズや専用のケアアイテムなども使いながら、美しい胸元を手に入れましょう。

BoDiSIL編集部

本記事のポイントをおさらい
  • 胸はクーパー靭帯が伸びるたり切れることで垂れる
  • 運動時は揺れないスポーツブラを使用する
  • エクササイズで予防することが可能
  • 専用ケアアイテムも有効