【即効】四十肩・五十肩の治し方|肩がすぐに上がる4つのツボとストレッチ


四十肩

SHARE

BoDiSIL編集部

  • 「特に激しい運動をしたわけでもないのに肩が痛くて上がらない・・・」
  • 「痛みで夜も眠れない」

このような症状に悩んでいませんか?

肩が痛くて上がらないとか、夜も痛くて眠れないというのは、四十肩・五十肩によく見られる症状です。

また、四十肩・五十肩は日常生活にも支障が出るので、

「今すぐに治したいけど何をすればいいのかわからない」

という人がほとんどだと思います。

しかし、四十肩・五十肩には、

  • 即効性のある4つのツボ
  • カンタンなストレッチ

この2つを行うことでずいぶんと症状が緩和されることもあります。

ここでは、今すぐに、誰でも、カンタンにできる四十肩・五十肩の改善に効果的な4つのツボとストレッチをご紹介します。

四十肩・五十肩で悩んでいる人のリアルな声


四十肩・五十肩の治し方、4つの方法

四十肩・五十肩の即効性のある改善方法として、当サイトでは次の方法を推奨します。

  1. 四十肩・五十肩に効果的な4つのツボを刺激する
  2. 四十肩・五十肩に効果的なストレッチを行う
  3. 温める(痛みが和らいだら)
  4. 三角巾を使い肩を固定する

突然強い痛みを感じることで不安になるかもしれませんが、痛みの程度に合わせて順番に対処していけば、四十肩・五十肩は改善します。

対処法を具体的に見ていきましょう。

痛みが強すぎる場合はすぐに病院へ

病院に行く

まずはじめに、痛みが強い場合は、我慢せず整形外科を受診してください。

整形外科では飲み薬や貼り薬、必要に応じて注射などで痛みを和らげる治療が行われます。

発症してから数日間の「急性期」は激しい痛みが出やすい時期です。

急性期の痛みを和らげるだけでも、ぐっとラクになります。

四十肩・五十肩に効果的な4つのツボを刺激する

四十肩・五十肩の症状を和らげるには、ツボを刺激するのがおすすめです。

曲池(きょくち)
曲池(きょくち)は、腕にあるツボです。

軽くこぶしを握り、親指を上にして手首をクッと曲げてみましょう。

肘のあたりに盛り上がる筋肉がありませんか?

そこが「曲池」です。

曲池

引用元:https://premamaplus.com/gold/tsubo/t06/

私たちは普段手を使って作業をする時、手のひらを下にして作業を行います。

しかし、手のひらを下にして作業を行うと、

  • 手首を内側にひねる筋肉
  • 手を下に向ける筋肉

の2つに負担がかかります。

この2つの筋肉に負担がかかると腕全体の筋肉がこわばり、肩甲骨も内側に巻き込まれ、肩甲骨の動きが悪くなってしまうのです。

肩甲骨の動きを良くするには、腕の筋肉をほぐし、内側に巻き込まれてしまった肩甲骨を正しい位置にしてあげる必要があります。

「曲池」は腕の筋肉をほぐすのに効果的なツボなので、自分の刺激しやすい方法で気持ちよく刺激してみてください。

肩貞(けんてい)
「肩貞(けんてい)」は脇の下の後側、親指先一つ分上の場所にあるツボです。

腕が上がりにくい、肩が動かしにくいという場合に効果的なので、優しく刺激してみましょう。

肩貞

引用元:https://gogo89.com/shinnkyu-news/%E7%B5%8C%E7%B5%A1%E7%B5%8C%E7%A9%B4/%E8%82%A9%E8%B2%9E/

天宗(てんそう)
「天宗(てんそう)」は、肩甲骨のほぼ真ん中にあるツボです。

肩を回す動きに大きく関わっているツボなので、こちらも刺激してみましょう。

自分では押しにくいツボなので、ツボ押しツールなどを上手に活用してください。

自分で刺激する場合は、テニスボールを使うのもオススメです。

床にテニスボールを置き、その上に「天宗」が来るように寝転がったら軽く肩を動かしてみましょう。

天宗

引用元:https://gogo89.com/shinnkyu-news/%E7%B5%8C%E7%B5%A1%E7%B5%8C%E7%A9%B4/%E5%A4%A9%E5%AE%97/

中府(ちゅうふ)
「中府」は、四十肩・五十肩の痛みで眠れない時に効果的なツボです。

鎖骨の端の下にあります。

鎖骨の外側の端の下にくぼみがあるので、そこを親指で刺激します。

中府

引用元:https://gogo89.com/shinnkyu-news/%E7%B5%8C%E7%B5%A1%E7%B5%8C%E7%A9%B4/%E4%B8%AD%E5%BA%9C/

四十肩・五十肩に効果的なストレッチ

四十肩・五十肩の痛みが和らいできたら、積極的にストレッチ・エクササイズをして肩の動きを良くすることも大切です。

「肩ゆらゆらストレッチ」は誰でも簡単に行えるので試してみてください。

    肩ゆらゆらストレッチのやり方
  • STEP.1
    足を腰幅に開いて立ちます。

  • STEP.2
    前屈して、上半身の力を抜きます。
  • STEP.3
    そのまま体を回すように動かして腕を振ります。
  • STEP.4
    30回ほど行いましょう。

腕振り運動

もう少し負荷を掛けたいなと思ったら、「腕振り運動」がおすすめです。

500g~1kg程度のダンベルや水の入ったペットボトルなどを持って行うことで、負荷を調整することができます。

ダンベルやペットボトルを持って行うと、それらの重さで肩の腱が伸び、動きが良くなります。

    腕振り運動のやり方
  • STEP.1
    足を腰幅に開いて立ち、痛い方の手にダンベルまたはペットボトルを持ちます。
  • STEP.2
    前屈し、上半身の力を抜きます。
  • STEP.3
    痛い方の腕を前後左右にゆっくりと振ります。
注意
ストレッチも、腕振り運動も、痛みがあるときは行わないでください。
痛みが無くなってから、自分にとって負担にならない、無理のない範囲で行うことが大切です。

患部を優しく温める

温める

痛みが引いてくると、今度は動かしにくさの方が強くなってきます。

腕が上がらない、肩が回らないといった症状が出始めたら、肩の周りを優しく温めてみましょう。

携帯カイロや温感シップなどで温めるだけでなく、ぬるめのお風呂にじっくり使って温めるのも効果的です。

温めることで血行が良くなり、ダメージを受けた組織の修復が促されます。

また、筋肉のこわばりが和らぐので腕や肩が動かしやすくなります。

痛みが引いたら、積極的に肩や腕を動かしていきましょう。

「また痛くなるのが怖いから」「動かないから」と動かさないでいると、ますます動かしにくくなってしまいます。

三角巾を使い肩を固定する

固定する

激しい痛みが出た時は安静にすることが大切です。

無理に動かしたり、マッサージをしたりせず、三角巾などで腕を吊って安静にしてください。

横になっても痛む場合は、枕の高さを調整してみましょう。

バスタオルを2~3枚、適当な大きさに折って重ねて枕にすると、高さの微調整がしやすいです。

四十肩・五十肩は若い人はならない!?

四十肩・五十肩は、その名前から「40代・50代の人が発症するもの」というイメージがあるかと思います。

確かに四十肩・五十肩は、50代以上の人に多く見られる症状です。

しかし、若い人も四十肩・五十肩と無縁ではありません。

四十肩・五十肩は、正式な名前を「肩関節周囲炎」といいます。

肩の関節がなんらかの原因で炎症を起こしてしまう病気で、通称「四十肩・五十肩」と言われていますが、40代より若いからといって絶対にならないものではありません。

肩の関節周りで炎症が起きれば、(医師がどの名前を伝えるかはともかくとして)患者さんが若い人でも、それは立派な四十肩・五十肩です。

「四十肩・五十肩」という名前が「年齢を重ねた人の病気」というイメージにつながっていますが、決して若い人も無縁な病気ではないのです。

四十肩・五十肩の原因

どうして四十肩・五十肩になってしまうのでしょうか?

四十肩・五十肩のもとは、肩周りの関節に起きている炎症です。

炎症が起きる原因はまだ詳しくわかっていませんが、次のようなことであると考えられています。

肩関節の老化

関節節の老化

私たちの体は、年齢を重ねるごとに衰えてきます。それは肩関節も同じです。

加齢に伴い、肩関節の骨や軟骨、靭帯、腱などが老化すると、肩関節の周りに炎症が起き四十肩・五十肩の症状が出ます。

血の巡りの悪化

加齢や姿勢の悪さからくる血の巡りの悪化も関節の周りに炎症を起こす原因です。

無理に肩を動かしたことによるダメージの蓄積

通常、私たちの肩は120度までしか動かせないようになっています。

腕を真っすぐ上に上げるには、あと60度必要ですよね?

その動きをサポートしてくれるのが、肩甲骨です。

しかし、何らかの原因で肩甲骨の動きが悪くなっているのみ関わらず、無理に肩甲骨を動かすとそこにダメージが加わります。

1日1日のダメージは小さなものかもしれませんが、それが積み重なるとある日突然激しい痛みや腕の上げにくさといった症状になって現れるのです。

四十肩・五十肩の主な症状

四十肩や五十肩になると、次のような症状が現れます。

  • 肩の痛み
  • 二の腕や手先の痛み
  • 腕の上げにくさ
  • 肩から先の動かしにくさ

四十肩・五十肩を放置するとどうなるのか?

リハビリ

四十肩・五十肩かもしれないと思ったら、放っておくのは禁物です。

痛みがあるときは無理に動かさないようにしなければいけませんが、痛みが取れたら少しずつリハビリを開始しましょう。

「動かすと痛いから」「痛みが出るのが怖いから」と動かさずにいると、筋肉が固まってしまい余計に腕や肩が動かしにくくなってしまいます。

激しい痛みは数日間で和らぐので、痛みが和らいできたら無理のない範囲で少しずつ肩を動かすようにしましょう。

まとめ

四十肩・五十肩は、若い人でもなることがある病気です。

四十肩・五十肩になって腕や肩が動かしにくくなってしまったら、

  • 安静にする
  • 病院を受診する
  • 温める
  • ツボを刺激する
  • 運動をする

の5つのステップで少しずつ腕や肩の動きを取り戻していきましょう。

四十肩・五十肩はある日突然発症し、激しい痛みを伴う病気です。

痛みが激しい時は我慢をせず、整形外科を受診して治療を受けるようにしましょう。

BoDiSIL編集部