【30代限定】目の下のクマを薄くする方法まとめ|クマが出来る原因と解消法、オススメグッズまで


目

SHARE

BoDiSIL編集部

第一印象を左右する顔のパーツ。

それは「目」です。

そのため、目の下にクマがあると、年齢以上に老けて見えたり、疲れて見えたりします。

しかし、目の下のクマは「クマの種類」を理解し、適切にアプローチしていくことで自分でも解消することが可能です。

この記事では、アイケアに関して日々研究している当サイト編集部より、クマが出やすくなる30代のあなたに向けたクマの原因とその解消法をお伝えしていきます。

目の下のクマに悩んでいる人のリアルな声


https://twitter.com/myhair03190/status/1008466755587530752


https://twitter.com/m_pia0503/status/1008521535949135872


目の下にクマがあると老けて見える!?

アイシャドウやアイラインを入れると、途端に顔の印象が華やぎますよね。

しかし、目の下にクマやたるみがあると、どんなに気合いを入れたアイメイクも台無しになるといっても過言ではありません。

目の下のクマは年齢以上に老けて見えたり、疲れて見えたりしてしまいます。

クマを薄くするために目の周りを温めたり、マッサージをしたりしている人もいるかと思いますが、クマは簡単に消えてくれませんよね。

クマと一口にいっても、その原因は様々です。

色別のクマの原因

クマ

鏡を見た時、目の下にクマができてるとがっかりするものです。

目をそむけたくなる気持ちもわかりますが、今日はちょっとだけじっくりと観察してみましょう。

あなたのクマは何色ですか?

クマは色によってできる原因が異なります。

クマを効率的に薄くするにはその原因を知ることが大切です。

色ごとの原因を詳しく解説します。

青いクマ

青っぽいクマは、目の周りの血行不良が原因です。

目の周りはもともと皮膚が薄いため、他の場所に比べて血液の赤みなどが透けて見えやすいといわれています。

血色がよい時は問題ないのですが、目の周りの血行が悪くなると、黒ずんだ血液が透けて青っぽく見えてしまうのです。

目の周りの血行が悪くなる原因には、次のようなことが考えられます。

  • 寝不足
  • ストレス
  • 目の使いすぎ(長時間パソコン作業をする、スマホを見るなど)

赤いクマ

赤っぽいクマは、脂肪によるたるみが原因です。

目の下の脂肪がたるんでできた影がクマのように見えています。

人によっては、たるみによって圧迫された筋肉の色が透けて、赤っぽく見える場合もありま。

放っておくとどんどん皮膚がたるみ、余計に老けて疲れたようにみられるので、早めに対処しましょう。

茶色いクマ

青クマと並んでポピュラーなのが茶色いクマです。

茶色いクマは色素沈着タイプのクマで、普段目をこするクセがある人や肌のターンオーバーが乱れがちな人によく見られます。

肌をこすることで、シミのもとになるメラニン色素が作られ、それが肌の表面に現れることで茶色く見えている状態です。

理論上はシミと同じような対処法で薄くすることができますが、目の周りは皮膚が薄いので、顔の他の場所と同じようなケアを行うのはおすすめしません。

黒いクマ

黒いクマは目の下のくぼみが原因でできているクマです。

肌が変色したわけではなく、目の周りがくぼんだことでできる影がクマのように見えている状態です。

目の周りがくぼむ主な原因は加齢なのである程度は仕方がない部分もあります。

目の下のクマ対策4選

「30代なのに目の下のクマのせいで10歳以上も老けて見られる」というのはショックですよね?

そんな時は、下記で紹介する自宅で簡単にできるクマの解消法を試してみてください。

1.目の周りをマッサージする

目のマッサージ

青っぽいクマに悩まされている人は、目の周りをマッサージしてみましょう。

目の周りをマッサージして血行を良くすることで、青クマを解消することができます。

ただし、目の周りは皮膚が薄くデリケートなので、マッサージのやりすぎには注意が必要です。

手のひらで目を覆って温める、優しく指で目の周りの筋肉をほぐす程度に留めましょう。

手っ取り早く血行を良くするには、ホットタオルホットアイマスクの使用も効果的です。

しかし、マッサージもホットタオルやホットアイマスクの使用も、効果は一時的です。

根本的に青クマを改善するのであれば、普段の生活に気を配りましょう。

規則正しい生活と栄養バランスの良い食事を心がけてください。

またストレスも青クマの原因になるので好きなことを目いっぱい楽しむなど、ストレス解消に努めて下さい。。

2.美白化粧品を使う

アイクリーム

茶色いクマに悩んでいる人は、美白化粧品を使ってみましょう。

茶色いクマはシミと同じメカニズムでできるので、美白化粧品によるアプローチが効果的な場合があります。

ただし、目の周りは皮膚が敏感なので、目元専用の美白化粧品などを使うようにしてください。

なお、メラニンは紫外線によっても作られます。

美白化粧品を使用するとともに、しっかりと紫外線対策を行ってメラニンが作られるのを防ぎましょう。

3.目元に刺激を与えないようにする

cleansing

目をこする癖がある人は、目をこすらないように気を付けるだけでも茶色いクマを予防・改善することができます。

メラニンは刺激によっても作られるからです。

目をこすらないことはもちろん、メイクを落とすときも優しく落とすことを心がけましょう。

アイメイクがなかなか落ちないからと力を入れてこすってはいけません。

メイク落としをたっぷり使い、力を入れず優しくなじませてください。

4.目の下のクマ専用アイテム「アイキララ」を使う

アイキララ

青いクマ、茶色いクマ、黒っぽいクマに悩んでいる人は、専用アイテムを使ってみましょう。

アイキララは、3つのタイプのクマをトータルでケアしてくれる専用の化粧品です。

46秒に1個売れている、モンドセレクション金賞受賞の商品です。

有効成分として次の成分を配合しています。

アイキララの成分
  • Kコンプレックス
  • 厳選したビタミンK含有料。目の周りのめぐりを良くし、皮膚に潤いを与え、柔軟性を保つ。

  • ハロキシル
  • 目元ケアのために開発された成分。コラーゲンの生成をサポートし、目の下の滞っている流れをスムーズにし、重い印象を明るくする。

  • MGA
  • 失われた目の下のハリと弾力を覚醒させる。高いブライトニングサポート効果。若々しい印象に導く。

これら3つの成分が総合的に目の下のクマに働きかけ、クマの解消をサポートしてくれます。

いずれの成分もデリケートな目元向けの成分なので、安全性が高いのもポイントです。

使い方は簡単で、1回分のクリームを優しく目の周りに馴染ませるだけという手軽さも好評を博しています。

アイキララの口コミ

50代女性

50代女性 

信じていませんでした。でもお手軽な値段だし気休めでも変化が表れたら良いな、と試しに買ってみました。この会社の商品作りの誠実そうな言葉が響いたのは間違いでなかったです。若い人向けの商品なんじゃないの!?と疑ってました、ごめんなさい。

40代女性2

40代女性 

老けて見えるのが嫌で嫌で「アイキララ」を使ってみました。色々試したけど「アイキララ」は違いました!継続して使用していますが、これはすごい!!

20代女性

20代女性 

本当に感動です!普段こういう口コミとか書くタイプではないですが、思わず書きたくなるぐらい感動しました!皆さんにもぜひ試していただきたいです!

アイキララの価格を見てみる

目の下のクマは美容整形で取れる?

黒いクマや赤いクマを根本から解消する最終手段は、費用はかかりますが美容整形という手もあります。

美容整形によって目の下のたるみを取り除いたり、くぼみをふっくらさせることで、クマのように見えている影を改善します。

美容整形といっても様々な方法があるので、信頼できる医師によく相談して手術をするかどうか決めましょう。

目の下のクマを薄くして印象UP

目の下にクマはそれだけで10歳以上老けて見られたり、疲れて見られたりします。

頑固なクマはメイクで隠すことができないので厄介ですよね。

しかし、今回ご紹介した自宅で簡単にできる方法でクマを予防したり薄くすることは可能です。

クマが解消されれば、顔の印象も一段と明るくなります。

ぜひ今回ご紹介したクマ解消法を試してみてくださいね。

BoDiSIL編集部

本記事のポイントをおさらい
  • 目は顔の第一印象として非常に重要なパーツ
  • どんなにアイメークをしてもクマがあると台無し
  • クマの色別に対処法をしていく
  • 専用化粧品が有効